スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
鳴虫山 《後編》
2008 / 05 / 12 ( Mon )

週末のお天気はイマイチでしたけど
GW明けということもあり
イイ骨休みになったのではないでしょうか

さて、お待たせしました。
鳴虫山の後編をどうぞ~(^▽^)/ 
 

登山開始から
ある程度、予想はしていましたが
幾分、遅めの到着

さほど広くない山頂には
大勢の登山者であふれていました

山頂の展望台になっているテラスの一角に
レジャーシートを広げ
昼食をとることに
昼食
すぐ後ろのお隣さん
ご夫婦で登ってこられた方でしたが
少しばかりお話ししまして
どうやら
お孫さんがいらっしゃるとのこと

うちの子が4歳であることを聞くと
「あと2年ほどしたら一緒に登れるかな」
なんてご主人がおっしゃっておりました

食事が一段落した頃
携帯でママに連絡 

どうせなので
いつものように
FOMAのTV電話で
こちらの様子を中継

その様子を見ていたお隣りさん
ご自分の携帯を取り出して
試しておられましたが
ラクラクフォンのディスプレイに
傷防止のフィルムが貼ってあって
見づらいご様子
チョット諦めたようでしたね

アカヤシオ
山頂では
登山者が多くて思うように写真が撮れず

花
おまけに曇り空
真剣に撮影するのは諦めました~(´_`。)

そんな感じで山頂で一人
うろうろしていた頃
娘は一人座って
何をしているかと思えば

記念撮影
ワタクシが自分用に持ってきた
カフェオレ
見事、全部飲んでくれちゃいました~(T_T)

が、しかし
案の定
体が冷えてきて
「寒~い」
と申すではないですか~

「体を動かせば温かくなるから今は我慢しなさい
と言い聞かせて
すぐに下山することに

下山開始
山頂直下の階段です

おそるおそる
最初は慎重に下ります

カタクリ
おっと、ここに
まだ一輪
残ってました

下り
帰りは下りですからラクですね

と、ところが
「パパ~おしっこー」
え~ここってまだ稜線ですから
お花摘みするわけにはいきませ~ん (。>0<。)

ガマンするように言い聞かせ
隠れて用を足せる場所を探します

でも、こういう時に限ってないんですよね~
それに前や後ろから人がやって来たりして
タイミングが悪~い!

まぁ~なんとかイイ場所、見つけて
事なきを得たのでした~ε=( ̄。 ̄;)フゥ

お花見
何とか緊急事態を無事、乗り越え
多少のアップダウンはあるものの
何とか順調に下山

笹
とは言っても
サスガに疲れたご様子

合峰
合峰に到着
どうやら
ココから尾根伝いに下山できるらしいとのこと
(地図には載っていませんでしたが)

でもそんなルートを幼い子供を連れて
歩くわけには行かず

元来た道を帰るのでした

下山者
下山はスピードアップ
できるかな~
と思っていましたが
鳴虫ならぬ
泣き虫モードの
ここあ

急な坂道は
ペースダウンするので
待っていられないパパは
子供を片手で抱えつつ
もう片方の手で持つストックでバランスをとりながらの
ハイピッチ下山
(´Д`) =3 ハゥー

カラマツ
お陰で
大人の登山者とさほど変わらないペースで下山

笹の坂
当然ながらユルイ坂道は
当人に
がんばってもらいました(^^)

もくもくと
急坂のくだりでは
弱音を吐いたここあ
パパのお助けもあって
何とか自力で下山

疲れたかな
途中、休憩したりしましたが
何度も転んだり
膝をついたりしたので
ズボンは泥だらけ

つつじ

てくてく
この辺まで来れば
もー楽勝ですね!

追いついた
平坦な道ですから
安心です

紫の花

木を乗越えて
行きに飛び越えた倒木を通過

あれが鳴虫山かな
下から見た鳴虫山

トンネル
帰りもこのトンネルをくぐりますが
その途中
特に意味のない奇声を発して
反響する声の大きさを楽しんだりもしましたね(*'-'*)エヘヘ

やまぶき

含満淵へ
ホントは行きに歩くハズの
コチラに寄ってみました

石段
石の階段を下って右折すると

地蔵
ありました
赤色の帽子をかぶったお地蔵さんたち

化地蔵
アップで見ると
表情がみな違って
面白かったです

りりしい
瞑想にふけるお地蔵さん

たくさん
苔生した地蔵に赤が引き立ちます

何のポーズかな
カメラを向けると
いろんなポーズをしてくれるここあ
ここにきて
やっと余裕が出てきたのかな?

説明
へぇ~
そんなことってあるんですか~
数えなくて良かった~(*"ー"*)♪

地蔵エリアを過ぎ
お地蔵さんも
これでおしまいかな
何~て思っていたら

まだありました
まだあるんですね(^^)

まっすぐな道
門をくぐって
真っ直ぐに延びた小道を進むと
駐車場です

さくら
八重桜の花びら
散ってはいましたが
それでも多少は残ってました

すみれ

最後の歩き
この日は
久しぶりの山歩き
ホント
よく歩いてくれました

子供の成長ぶりって
何気ない日常からも感じ取ることができますが
山登りしながらそれを味わえるなんて
これまたフシギな経験ですよね

ニリンソウ

このあと小さな売店で
ソフトクリームを食べたんですが
そこで休憩していると
周囲の登山者から
登山してきたことが分かったらしく
えらく驚かれたり
褒められたりして
娘もさぞや
ご満悦であったことは
言うまでもありません



【まとめ】
■2008年4月29日(火)■天気:曇り■
■鳴虫山■なきむしやま■1103.5m■栃木県■
■コースタイム■       
駐車場 7:20⇒9:00 独標⇒10:20 合峰⇒10:45 鳴虫山(山頂) 11:25⇒
11:55 合峰⇒12:25 独標⇒13:15 化地蔵⇒13:25 駐車場


クリックしてくれるとうれしいかも~
↓ ↓ ↓

Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪  

 おしまい

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<大台ヶ原山 | ホーム | 鳴虫山 《前編》>>
コメント
----

雨具姿は、お預けでしたが、天気に恵まれ良い山歩きが、できましたね。
これから成長とともに一緒に歩けるところが増えてくるので楽しみですね。
これからもここあちゃんの活躍を期待してます。
by: へっぽこ山ちゃん * 2008/05/12 14:47 * URL [ 編集] | page top↑
--かわいいですね!--

ここあちゃん! よくがんばりました!!

ここあパパさん、子供と一緒の山歩きは大変なことも多いですが、何より楽しいですよね!

山がダイスキになってくれたらいいな!

いつまでも親子登山していただきたいです。
by: HANZO * 2008/05/12 18:27 * URL [ 編集] | page top↑
--パチパチ--

ここあちゃん、よく頑張りました!
それもチャンとリュック背負ってなんて、パパさんが褒め上手なのですね。
娘は5歳からデビューしましたけど手ぶらですもん・・・今もですが(汗

2人っきりは子供と思いっきりスキンシップ出来るから私は大好きですね。
お話したり、成長をホント感じますよ。
オシッコ、○ンチ、鼻水ネタ、上げればキリがありませんね(笑

パパさんは東京ですよね?
三頭山はチビちゃんも行けますよ。

ドライブしますけど私の子連れのお勧めは、
夜叉神峠、日向山、飯盛山、高川山ですかね。展望も良いから奥さんも楽しめると思いますよ。

お役に立てれば嬉しいですね。
by: 小春号 * 2008/05/12 18:53 * URL [ 編集] | page top↑
--かわいい・・--

パパさんの後ろをついてくるここあちゃんの姿が健気で本当にかわいいです!
ズボンの汚れもがんばった勲章ですね
こんなに小さな時から山登りしていると、自然と(山に)慣れ親しんでいくものなのでしょうね
将来がほんとに楽しみです

私の子供も成長するにつれ、そろそろ近場のお店などには付いて来たがらなくなりました
でも山は別です
山で家族といても誰にも会わないから(笑
山は家族が仲良くなれる場所ですね

いつまでも娘さんとラブラブで☆
by: みっちゃん * 2008/05/13 20:52 * URL [ 編集] | page top↑
--へっぽこ山ちゃんさんへ--

久しぶりの山登り、これでも晴天ネライだったんですが
みごと春霞?な薄曇り。(⌒~⌒)

山頂でサム~イなんていわれた時は
試しにレインウエアでも着てみようか
何~て考えたりもしましたが
どーせ着てもすぐに脱ぐのは目に見えてましたので
ここはガマンさせました~。

山は、ホント小さな時から
背負子で連れ出したりしているせいでしょうか
本人なりに山を楽しむようになりました。

そして、行くたびに子供の成長する様子が観察できたりして
親として、うれしかったりもします~。(^^)

今後もあまりムリをせず本人が楽しめる範囲で
山へ連れて行ってあげようと思っておりま~す!
ヽ(*^^*)ノ
by: ここあパパ * 2008/05/14 06:03 * URL [ 編集] | page top↑
--HANZOさんへ--

コメントありがとうございます。

HANZOさんからの、お褒めのメッセージ
当人にお伝えしたところ
キョトンとしておりました。
まぁ~ブログの世界をよく理解してませんから
ムリもありませんよね(;^_^A

いろいろなアクシデントも多い子連れ登山。
フシギとタイヘンだと思うことが無いんですよね。
確かにその時は、一瞬パニクりますが
いたって冷静でいられる自分って
神経図太いだけかなぁ?(=v=)

でもいろんなことがあると逆に
ハッとさせられたりもして
そんなこともひっくるめて
楽しんじゃっていま~す。

>山がダイスキ
チッチャな時から山の写真を見ては
「ほら、山ってキレイだね~」なんて
言い続けてきたせいか
山=ステキな場所というイメージが
あるみたいです。
でもママからは洗脳しているっ!
何~て言われちゃっいますから程々にしていますが・・・・。
(*^.^*)エヘッ

これからもボチボチではありますが
親子登山続けたいですね♪
by: ここあパパ * 2008/05/14 06:22 * URL [ 編集] | page top↑
--小春号さんへ--

リュックはかな~り前々から用意してあったんですが
サイズが大きかったみたいなんでズットしまってあったんですね。

それが先日、雨具を購入した時
これはこの中に入れていつも山に行くんだよ~
何てリュックを引っ張り出したら
本人も山へ行く気満々になっちゃって
それがそもそもの始まりだったんですね。
でも、やはり、まだこのリュックだと
サイズが大きかったみたいですね。(^^)

>スキンシップ
普段、家でも十分あるんですが
今回の山では逆に距離を置きながら歩きました~。
というのはいつも手をつないだりして
親とベッタリなんですよね。
それで少し突き放しながら
できるだけ自分の力で登ってもらいました。

そしたら見事一人でもガンバッテ登るではないですか!
内心シメシメと思いながら
ガンバレ~と声をかけつつ励ましながら歩きました。
まぁ~こんな様子からも子供の成長が見れて
うれしかったりもするんですよね♪

>お勧め
わ~お。親子登山でいろんな山に行かれている小春号さん
こんなに教えてくださってホントありがとうございま~す。

そうですね~この中で行ってみたい山は・・・
今のところ日向山でしょうか。
是非、家族みんなで行きたいです!

あと住んでいる場所はですね・・・
東京を含む関東圏内であることは間違いないのですが
ブログの性格上、匿住所ということで・・・(;^◇^;)ゝ
by: ここあパパ * 2008/05/14 06:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

おぉ~。可愛い四歳児!

僕の子が4歳の頃は疲れてよく肩車して歩きました。4歳で金時山に登った時なんか下りは全部抱っこor肩車でしたよ。楽しかったなぁー。5歳が限界点だった。^^;

僕は前を歩かせるので更に遅いですね。でも普段と歩いているスピードが違うので、感じることや見えるものも違いますよね。

前に天城山に登ってなかったっけ?偉いタフな娘だなーと思った記憶があるのですが。(違ったらすいません。)

by: Taka * 2008/05/14 11:14 * URL [ 編集] | page top↑
--みっちゃんさんへ--

キット今だけなんだろうな~
なーんて、つい先々のことまで考えてしまうのは、
ワタクシだけでしょうか?
いずれ訪れるかもしれない「お父さんなんかキライ~」
なんて言われないよう願うばかりです。。。。

>勲章
いや~そんな見方ができるなんて~さすがは山ノボラーです!
フツーのママさんでしたら、こんなに汚したら怒りますから~。(⌒・⌒)

まだ背丈も低いので急な段差も上手に越えられず
ズボンの裾はいつも汚れまくりです。
スパッツとかあればいいのかな~。
あと山に適した靴があればもっと良かったんですが
意外と探してもないものですね。
フツーの靴で来たせいか、土の斜面ではよく滑ってました~。

まぁ~こんな感じで今回、山歩きに付き合ってくれましたが
今後も無理強いはせずに、なるだけ一緒に登っていけたらと思っています。

みっちゃんさんのような家族登山、理想ですっ!
将来、子供が大きくなったら北アへ天泊縦走なんかが
できたらイイなぁ~なんていうのが夢なんですけどね。
どうなることやら~。
それまで娘とラブラブでいられるか?
それが最大の問題ですかね(6 ̄  ̄)ポリポリ
by: ここあパパ * 2008/05/15 06:37 * URL [ 編集] | page top↑
--Takaさんへ--

やはりそうでしたか~
でもTakaさんは肩車ですか!
肩車、これ子供って好きですよね。家ではよくやってます。
でも山の斜面とかだと登りはイイとしても下りはコワそー。

>5歳が限界点
確かに、、、子供はラクできていいんですが
コチラの身がもちませんよね~。

でもそんな経験も過ぎてしまえば楽しい思い出ですよね。
それに、今じゃスゴイじゃないですか!
確か冬に息子さんと雪のある山まで行きましたよね。
幼い頃から山に行っている子は違います~。

普段、身近に自然を味わえない毎日ですから
五感で自然を受け止められる、そんな場を提供してくれる山は
情操教育に打って付けかな~と思っております。(建て前)

でも本音は、ただ自分が山に行きたいだけだったりして(=^▽^=)

>天城山
はい、あれは1年ほど前ですが確かに行きました~。
あの時は文字通り、「おんぶに抱っこ」でして
全体の6割ぐらいは自分で歩いたんですが
残りは全部パパ任せでしたね~。
なので全然タフではないですよ~。
フツーのお子さんと変わりませ~んって(o^-^o)
by: ここあパパ * 2008/05/15 07:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/114-e7019a50
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。