スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
伊吹山
2007 / 05 / 05 ( Sat )

 伊吹山遠望


ゴールデンウィーク初日、義母の実家がある福井へ向かう途中、伊吹山へ行ってみました。

GW初日(4/28)首都高速道路の渋滞を避けるべく午前4時には出発
渋滞はないものの車の台数はいつもより多い感じ
東名高速に入って、さらに名古屋に近づくにつれ断続的ながら渋滞に突入

それでも午前10時前には関ヶ原ICに到着

ここを降りて向かったのは・・・伊吹山です 

しかも今回は目的地である福井へ向かう途中ということもあり
あまり時間をかけられないので楽々コースで山頂へ向かう作戦です。
それで伊吹山ドライブウェイへ移動します

関ヶ原

関ヶ原ICから2km(10分)でドライブウェイ入口に着きます

関ヶ原ドライブウェイへ
この交差点を右折し暫らく行くとドライブウェイのゲートが見えてきます

ゲートで料金(3000円)を支払い整備された全長17kmの道路を走ります




ガラガラの道路

しかし、空いている道路でしたね
なんせ3000円の通行料はハッキリいって高いです!

それから気になることが・・・


雲行きが怪しいんですよー
高速道路を走っている時は良い天気だったのに
黒い雲がニョキニョキとその姿を現してきました

そんな天気を気にしながらぐんぐん高度を上げて進みます
やっぱ車は速いですね
25分くらいで到着です!


駐車場
駐車場はガラガラでした

駐車場の標高は1260m
ちょっと肌寒い感じでしたね
ここでトイレ休憩してから身支度をして急ぎます
なぜなら雲行きが・・・(T_T)

これから登ろうとするその時
200名様限定で"伊吹なべ"が無料で振る舞われるとの放送が流れてきました


西の道茶屋
                     伊吹なべをもらうための列 ↑

「食べてみたいなぁ」
後ろ髪惹かれる思いをしつつも、この天気ですからね~
すぐに山へ向かいました ゚゚(´O`)°゚ ウワーン!!


案内板
案内板を写真に収めます
しかし急いでいるのでよく見ませんでした

とりあえず先を急ぎます


登り口
どう見ても登山の格好ではありませんね
一般の観光客ってな感じです


そしてパパはというと
今回もベビーキャリーの出番であります


出発


あれー、なんかこの道違うよ~


あれ違うぞー

∑(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!
最短ルートを間違えていました

中央遊歩道コースは東の道茶屋のあるこちらでした 





中央遊歩道コース


小屋の横を抜けるとそこに登山口がありました


いざ出発


しかーし!
ここに来て大粒の雨がポタポタと降ってきました

なのですぐに退散です ( ´△`)アァ-

ここまで来て敗退は悔しいですからパパだけでも登ることにしました
早速雨具を着込んですぐに出発!
同行している家族一行は伊吹なべの方へ行くとのこと

ってな具合で一路頂上へ向かってがんばります!


看板


登山口のすぐ上には雨具を着込んだ二人組がいました 


本スタート


走って登りましたので、そのお二人を追い抜いてゆきます


上から見る駐車場
駐車場が見渡せます

人気のあるコースだけによく整備されていますね


登山道

雨脚は弱いので本降りになる前に登りますよ~


整備された道


無常にも雨は強くなってきました
必然的に早足になります
ε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ 


山頂の小屋


そうこうしているとあけっなく頂上に到着
日本武尊(ヤマトタケルノミトコ)像がお出迎えしてくれました 


山頂
*深田久弥は自著「日本百名山」の中で
「尊にお気の毒なくらいみっともない作りであるのは残念である」
とその石像について書いています

なるほど~とても微妙ですね ( ̄∀ ̄*)イヒッ

この頂上付近は広々としていますね

広い山頂


でもゆっくりできません
遠くで稲光がしていますし雷鳴が響いていますから
急いで戻ります
ダッシュ!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ


下る


しかも
ハァハァしながら
小走りに駆け下ります

追い抜いた登山者


あれー行きに追い抜いた二人組に再び会いました

その後、あっという間に駐車場に到着
時間にして往復18分!!
(CTによると山頂まで片道20分)
これまでの登山記録の中でも最短記録ですよ ∈(*´◇`*)∋
ホントただのピークハンターですよ!!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

その後、西の道茶屋で温かい伊吹なべを頂いたのは言うまでもありません
結局昼食をそこで済ませることにし休息をとってから小屋を出ると
雨は上がっていました
(ママさんはここで傘を忘れてきましたー)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇


あらためて周辺を散策すると
小屋の横には芭蕉の句の記念碑が建っていました


芭蕉の句


句の説明を読むと・・・


説明


・・・だそうです

それから車に乗り込んで来た道を戻りました
その途中、遠くの山並みを眺めたり
見晴らしの良い所では車を止めて
下にある風景を写真に撮ったりしてました


山里




伊吹山




関ヶ原の町


さて次に向かったのは・・・

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

長浜城です!


長浜城
【長浜城】正確には長浜市長浜城歴史博物館です

なぜここに来たかというと・・・
伊吹山の次に寄れるところとして地図を眺めていたら
この城が目に飛び込んできたからです

しかも昨年放映されていたNHK大河ドラマ「巧名が辻」で
幾度も登場する城がこの長浜城でもありました
今年の大河ドラマは見ていませんが昨年は
すっかりはまっていました
それで今回ここに行くことを計画に含めていたんですね♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入館料400円を支払うとそこは城というより博物館でして
内部の展示物はとちょいと古臭い感じのする内容でしたね
展示されている肖像画やら書状なんかは複製が多いですし
流れているビデオは随分古い映像でしたね
もうそろそろリニューアルしてもいいような・・・

そんな魅力に乏しい内部ですから
見物がてらに入館したある家族はいかにもつまらなそうに見ていましたね

こういうところは歴史に通じていないと面白くないのですよ

しかし、そんな家族も天守閣の最上階にある展望には眼を輝かしていましたよ
って我が家も変わらないかっ!

城からの眺め
【琵琶湖方面】


城から見る伊吹山
遠くに霞んではいますが伊吹山が見えました
(正面のマンションの裏側)

展望を楽しんでからエレベータで下に戻ります




城をバックに
こうやって見ると建物の大きさが分かりますね




本丸跡
実際にあった城は今建っている城の横にあったようです


この城の見学を済ませた後、市内の書店へ向かいました
何を買ったかという明日登る予定の山の地図を買うためです
地元でついつい買いそびれてしまったのでこちらで買うことにしました
(ガイドブックは持っていましたが最新版の地図がほしかったもので・・・)


その後、本来の目的地である福井へ移動しました


 


 


おしまい


 


 


 


白山へ続く

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<白山 《前編》 | ホーム | チューリップ畑へ>>
コメント
----

ここあパパさん、こんにちはー。
前半に白山に登られてたんですね!
前半の方がすっきり快晴だったから、わたしのときよりももっとお天気よかったんじゃないかなー。レポが楽しみです。同じ時期に登ってる方のレポって、コンタミしちゃいますよね(^^)

伊吹山はお花はまだでしたか?
by: まゆ太 * 2007/05/06 12:33 * URL [ 編集] | page top↑
--い・い・伊吹~^^--

ココアパパさ~ん、なんと、い・い・伊吹に行かれたのですね^^

関西から近場なんでビックリです0--0

私も伊吹は結構、登っています^^
幕営してキャンプもどき&宴会ヶ岳もよくしました・・・^^

天気が下り坂で残念でしたね・・・><

私は、一週間流れ旅・・・プラプラ登山を楽しんで来ました^^
by: みい * 2007/05/06 20:11 * URL [ 編集] | page top↑
--まゆ太さんへ--

白山は、良い天気に恵まれたこともあり快適な登山を楽しめましたね~
レポ作成はこれからとりかかりまーす!待っててくださいね。

伊吹山のお花ですけど、車利用の楽々コースだったので駐車場から山頂にかけてはほとんど確認できませんでしたね。って走って登ったせいもあるので(^▽^;)
ただ本来の登山コースからだったらもっと沢山のお花を観察できたのではないでしょうか。次回登る時には車じゃなくて、下からゆっくり登りたいですね。
by: ここあパパ * 2007/05/06 21:18 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

イブキは関東からだと遠~い場所ですよね。
なので今回は目的地への移動途中に立ち寄ったっていう感じでした。
見る角度によってその表情を変える山なので季節やコースを変えて楽しめるという印象をもちました。また行ってみたいです~♪

ところで、みいさんたちはこのGWものすごーくパワフルにお山へアタックされていましたね。
その行動力にビックリですよー。毎日、山+宴会ヶ岳ですからね~
レポを読んでは楽しませていただいておりま~す。
ヽ(=´▽`=)ノ
by: ここあパパ * 2007/05/06 21:33 * URL [ 編集] | page top↑
--駆け足ですか~--

すごい、すごい!
でもおきもちよ~く分かります(笑)
気持ちだけでできない我らですが(^^ゞ
このコースと下からと両方歩きましたが北尾根も良さそうですね。
伊吹山も近ければいいな~と思う山です。
by: sanae * 2007/05/14 11:59 * URL [ 編集] | page top↑
--sanaeさんへ--

車で行ったせいで登ったというよりは、ただ頂上に立っただけっていう感じで物足らなかったですね。
この山の魅力の一つは、たくさんの種類の花が見られることですが、せっかく来てもろくに花も見られず何だかとっても損した気分でした(´○`;
私も花の咲く佐渡の山へ行ってみたいです~
by: ここあパパ * 2007/05/15 12:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/11-c4a03fe2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。