スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
再訪・冬の蔵王(4)
2012 / 03 / 12 ( Mon )
再訪・冬の蔵王(3)からの続きです





実は、この日
ここにある県営レストハウスに併設されている避難小屋を利用して

避難小屋 
夜間この近辺をウロウロと徘徊して
撮影でも~なんて考えておりました(^_^)




ただ、ここに立ち寄るには
時間的にまだ早いし~ということで





 展望台
 
こちらのミステリーサークルみたいな展望台に立ち寄りま~す

で、ここから何が見えるかというと




展望

ここ蔵王の観光スポット
御釜が見えま~す♪





 お釜
 
当然ながらこの時期、完全に凍ってまして
本来見えるであろう神秘的なエメラルドグリーンの水面は見えません(*_*)

 





社殿 
さて、もう少しすれば刈田岳の山頂です

上におられる単独男性とは
この後、擦れ違いまして




すれ違い 
そのまま下山され確か熊野岳方面に向かっていたかな~ 

この時間で既に刈田岳から下山となるといつどこから登ってきたのか?











 神社
 

さて刈田神社に到着で~す♪

鳥居もこの季節
モンスターと化しておりました~^_^;





そしてこの山の向こう側には



山頂から 
(左側から後烏帽子岳、不忘岳、屏風岳、杉ヶ峰)

こんな景色が広がっておりま~す! 
 




道路 

そして下の方に目を向けると
くねくねした道路(蔵王ハイライン)がありまして
その周辺にもまばらながら樹氷が見えますね~





 できれば  
 
そして、今回この後できればあちら(杉ヶ峰)にでも
行ってみたいな~なんて思っていたのですが
取り敢えずここまで担ぎ上げた荷物を
先ほどの避難小屋に置いてからにしたかったので
ここは一先戻りましょうか
 






鳥居


エビのしっぽ状態の立派な鳥居ですが
残念ながら以前来た時よりかは
雪の着き方が小さくて
ちょいとスリムでしたね!



因みに2008年2月9日に来た時は
こんな感じでした
↓ ↓ ↓


2008年 

雪の状態によってはこんなにも違うんですよね~




 雪で
 
それでもこちらの社殿は
雪に埋もれていました~





ぞくぞくと 

そうこうしているうちに
上がってくる方も増えてきました




ツアー

驚いたことに宮城県側からも登ってくる人たちがいて
あちら側からも来れるんですね~

自分の場合、車で山形へぐるりと遠回りしてきたので
これは意外でした~






 眺める
 
そんな刈田岳山頂ではありますが
ちょっと風が吹くと寒く感じまして
アウターを着込むべきか迷いましたが
ネックウォーマーで何とかしのぐのでした~ 





記念に 
以前来たときは冬季の蔵王の状況が分からず
アイゼンとピッケルまで持参したのですが
実際はそんなものは必要なくて
スノーシューとストックがあれば
十分登れてしまうのですよね~





写真をクリックで拡大します
↓ ↓ ↓

パノラマ



下山 
 

ここへはスキーで登って来られる方が幾人もおられましたし
ワカンややツボ足で登って来られる方とか
いろいろでした~





蔵王 

御釜を横目で見ながら少しだけ下りま~す





 すれ違う 
 
この日はホント久しぶりの晴天だったので
この天気を逃すまいといった人たちで
かなり多かったです(^^♪






さてと


ところでこの日の休憩場所として選んだのが
この建物でして ・・・




 どうしようか 
 
上に見える緑の扉が避難小屋の入口

さてどうやって上に上がろうか?


最初、階段を登ろうとしたけど雪がすごくて
途中で諦めました。
結局は梯子で上がりました~(^_^;)
 

上までも上がるとそこも雪がたっぷり積もっておりまして
そこで持参したスコップの出番となりました~!






入り口 


何とか入り口付近の雪を全てかき出しまして 
中に入りま~す 







 室内 
室内はこんな感じでして8畳くらいの広さはあるでしょうか

スノコが敷いてあるので
これなら一晩過ごせそうな感じでしたね  

実際そのつもりで来たのですがね^^;




 こっちには
 

スチール棚とストーブはあったけど
灯油は入ってませんでした~






眺め 

再び外に出ると
北側には熊野岳




 ここから見えます

南側には刈田岳がよく見えました




 
室温
 
え~室温なんですが
-8℃でして
陽の当たらない場所でしたし
よく見ると天井の石膏ボードにはポッカリ穴が開いてるので
これ以上温度の上昇は見込めませんでした。


この時点で時刻は午前11:40

少し早いけどここで昼食~


食後の行動予定としては
先ほど行きたかった所へ向かおかと思っていたので念のため
これからの天気を確認したら


あれれ・・・


当初の予報では晴れが続くはずだったのに
夕方から曇りの予報・・・(T_T)

とほほ・・・



ん~どうしようかな~

いろいろ考えた末
ここは折角だから
蔵王山の最高地点である
熊野岳へ向かうことにしたのでした~
 








つづく







 
先週、 品川で開かれていたEOS 5D Mark III SPECIAL EXPERIENCEに行ってきました!
 実物に触れたら・・・ん~欲しくなってしまったよぉ~(^_^;)

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。