スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
もう一つの山と、それから海へ
2011 / 10 / 30 ( Sun )
どうも最近、いろいろと忙しいせいか
書きたいことは沢山あるんだけど
PCに向かっている時間がなくって
ブログの方もすっかりサボり気味・・・^_^;

というわけで先日書いた記事の続きで~す
津波海岸


栗駒山を登り終えた後
息子のリクエストであった温泉に行こうかと思ったけれど
時間的にまだ早いし、どうしようかということになりまして
結局、今度は娘のリクエストに応えることにしました~
 
それは、山ではなく
のある場所へ行きた~い♪
とのことだったので
ちょっいと調べたら
帰りがてら寄れそうな一番近い海は
松島
ということになりまして
そこでイッキに高速を使って移動開始~







以前、何かで聞いた話では松島辺りは津波の被害は小さかったということで
ニュース等で見ていたあの光景は避けられるかと思っていたら・・・

どひゃ~奥松島方面へクルマを走らせていたら
初めて見た津波の被害状況に
唖然

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


初めて見る光景に言葉を失いました・・・ 

これをどう表現したらいいのか
分かりません。。。


そんな車窓の風景を眺めていた子供たちの反応を見てみると
ん~分かったような分からないような・・・(@_@;)
なにかな

それから、これは津波によるものなのでしょうか?
舗装道路が消失してしまったのか砂利道の続く場所を
通りつつ変わり果てた周囲の景色に
驚きの連続・・・ 




そんな中、よく分からないまま車を走らせていたら
何となく目に入った場所がありまして
路肩に車を駐車し

 

登山口 
この場所を登ってみることに・・・(^_^)






 階段 
さて栗駒山に続いて
この日、二度目の登山?



 



こんな道を
何かの遺構かと思えるような道を進みつつ




 
あと10分 
山頂まであと10分という近さ(^_^.)




整備された道
それなりによく整備された道なんで
辛くはありません



 
もうすぐだ
どうやらあれが山頂みたい



 

山頂

ほ~展望台があるんですね 


宮古島にある大高森、標高105.8mの山頂に到着~



 
松島 
そして、これがその山頂から見えた松島の風景~♪




被災地
でもその反対側である東側方向は
東松島市の海岸線。
 
津波の被害が痛々しかったです((+_+))








 
栗駒山 
そしてほんの数時間前に登った栗駒山が
ここから見えました~
 





なんであれが栗駒山だと分かったか言いますと




展望台 
実は、こちらの眺望案内でそのこを知りました~(^_^;)




 
地図

松島の内側は津波の被害は軽微だと、どこかで聞いていたのですが
でも外海に面している場所は
それなりに甚大な被害を被っていることは明白でして
 


方位盤

自分たちの認識不足を痛感しました(>_<)





 
海岸線 
遠くから眺めていると分からない
津波の恐ろしさ
限られた時間ではありましたが
改めて3.11の震災ことを考える貴重な一時でありました




帰り道
さて、その後は下って行ったわけですが
その途中、山栗の木を発見!

子供たちは栗を探すのに夢中になり




 
収穫物

僅かばかりではありましたが
自然の産物を頂戴しました~













その後は、娘の希望に応えるべく
海岸へ向かいましたが
 


とある海岸

あまりに変わり果てた海辺は
どことなく寂しげでありました・・・




 
きれいだ
白砂のたいへんキレイな海岸を歩きながらの貝拾い

 


石投げ
山とは違う海辺の景色は
これまた違った安らぎを感じます



 
貝拾い 
ただ、その先の場所では地元の方たちでしょうか。
海辺に打ち寄せられた残骸を集めては焼却中でありました
 





爪痕

これも地震の影響でしょうか
それとも津波のせい?
かなりデカい岩が転がっておりました~



 
岩 
何もなければとっても静かできれいな
海岸なんですが



ピース 
子供のリクエストがなければ来なかったであろうこの場所は
何となくまだ近づいてはいけない
そんな場所に思えてなりませんでした・・・ 







 
津波被害 
だってこんな光景を見てしまうと
とっても心苦しくて・・・
 




帰りましょう 
元々どんな集落があったのか
想像すらできないんですから
観光気分で訪れている自分たちって・・・






 
なにもなく 
ここに来て本当に良かったのか
ちょっと考えてしまいました。







その後、別の海岸に移動したら
そこには大勢のボランティアの方たちが
海岸のがれき拾いをしていたり
道路際の花壇を整備されていたりと
 これまたとっても場違いな所に飛び込んできたようで
ここにいること自体居たたまれなくなってしまい
結局、車から降りず 
来た道を戻ることに・・・



 
ここにも 
こんな光景は、この場所に限らず
周辺地域の海岸線に沿って
津波の痕跡を垣間見れる状態が広がっていることは
容易に想像できましたが
今回は時間の関係でそう遠くまでは足を延ばすことはできませんでした。


 
それにしても山を登ってからの爽快感と大きく違い
何ともやるせないこの気持ちは
 いったい何なんだろう?
それに今後、自分はこの件でいったい何ができるのだろうか?
真剣に考える良い切っ掛けにはなりました。


  






 



















この日のレポはこれでおしまい
(#^.^#)








人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
子供たちと登った栗駒山
2011 / 10 / 21 ( Fri )
くりこまやま 

先回からの続きです

 階段 

今回、初めて登った栗駒山。

肌寒い中ではありましたが
頂上に近づいていることは
持参したハンディーGPSで
分かっていたので
まだかまだかとちょっとうるさい子供たち・・・(^^ゞ




 期待

何となく晴れてくれるのではないか!
そんな期待を持たせる空に
気分は高まります



 下の方  
とは言ってもガスガスの空に変わりはなく
ほんの束の間の日差しでありました。。。






 てくてくと
もう少しで頂上だよ~







 もう少しだよ
この日とっても元気だった息子は
一人で先行~(^^♪






 
もう一息

もうすぐゴールだということで
勢い衰えずです



そして・・・
  
 

山頂にて

山頂に到着~







 おすわり 
 僅か1時間半で登れちゃう
お手軽コースということもあり
 我が家のチビッ子たちには
程よい山歩きでした~






散策 
 山頂の裏側が気になったので
 回り込んで確認したけど
ご覧の通りガスっていたので
展望はナシ、、、






興味津々

祠を覗くと
中はお賽銭がそのまま放り込まれた状態。。。

 



ピース 
 ゆっくり昼食でも~と思ったけど
 お腹が空いたわけでもなく
時計を見るとまだ午前8時半過ぎたし・・・





休憩

とりあえずカロリーメイトで小腹を満たしてから


 



下山 
 そそくさと下山空開始





はやいこと 

登りと違って
下りの早いこと~(^_^;)




草紅葉 
 紅葉前の9月半ば過ぎだったため
サイコーの紅葉は拝められませんでしたが




下山中 

またいつか訪れることを心に誓ったのでした。。。





晴れ間


それにしても
人も少なく静かな山でしたね 


 


    




すたすたと 
多少は草黄葉した景色を見ながらの下山路 


 


ふりむき

そんな景色には殆ど関心のないお二人さん
 
思いは、ただ一つ

早く下山することだけ・・・(^^ゞ

 



帰りは元気 
登りはゆっくだったけど
下りの早いことといったら~ 
(^^ゞ






 


本当なら 
パパ一人
写真撮影していると・・・

想像しながら 
子供たちだけで先に下山し、置いて行かれる始末・・・


 


これが 
それでも栗駒山の一足早い秋を探しながらの
下り道でした




 

快適に 
紅葉の絨毯で覆われる 
この一帯の景色を想像しながら
フライング状態で来てしまったこの時の登山。






 振り返って 
 来季、再び訪れることを改めて誓うのでした(ToT)
 




はやいな 
この辺になると下から登ってくる方たちと
すれ違うことが増えました






 たったか 
そこでいつものごとく
「偉いね~」「おいくつ?」とか声をかけられるのが嬉しくて
ついテンションが上がるらしく
益々快調に飛ばす子供たち(^_^;) 


 


そら 
こっちは写真撮りたいのに
勝手に進んでいくので
「ちょっと待って~」
と連呼するパパの声・・・






これが 
「栗駒山」

名前の響きがとても優しくて
この山にぴったりの名だと思いましたね。






 晴れてきたね 
 子供たちにとっても
歩きやすい 
 とっても優しいお山でした~(^^♪






帰り道は 
下っていくと更に
木々の緑が
濃くなって




楽勝 

これから秋に向かうはずの季節だけど
まるで夏を思わせる青々とした葉に違和感を覚えつつ




 雲が
雲に覆われた栗駒山に分かれを告げるのでした~






 たらり 

朝方は寒かったけど
途中から暑くなったので
雨具は脱ぎました~




 
戻ってきた

も~ココまで来ればゴールは目の前(#^.^#) 





 坂道
 

最後にこの坂を下れば
ゴール~


そうそう戻ってきたところで
思い出しました!

持参していた
放射線測定機で数値の確認をするのを
すっかり忘れてました。。。




放射線
0.13μ㏜/h

地表近くは計測していませんが
おそらく0.2くらいはいくのではないでしょうか。

ま~これくらいだったらほんの数時間滞在しただけなので
ギリギリ大丈夫ですかね~ 



話は前後しますが
本当は、栗駒山へ行く前にネットで調べていたら・・・ 
「週刊現代」のとある記事で栗駒山の登山口
いわかがみ平で2.17あるって書かれていたそうです。

ちょっと心配になったのと
これを見たら⇒放射能汚染地図
少し高めに出ていたので
実際に行ってみるまで不安でした。
けれど自分の目で計測した数値を見たら
思ったほどなかったので安心しましたね。 



まさかこんな道具を使って放射線量を確認しながら
登山する時がこようとは・・・ 







さて、トータル3時間というあまりに早い登山だったこともあり
時間はたっぷり残っていたので

さらに別の場所へ移動~


その後、向かった先とは・・・



ということで
もうちょい続きます^_^;
 




 

人気ブログランキングへ

| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
紅葉前の栗駒山へ
2011 / 10 / 14 ( Fri )

色づいて
2011/9/24

ナイトミュージアムを見学した後
そのまま遠征かと思いきや
大事なある物を家に忘れてきたのを思い出し
一旦家へ戻ることに~

何を忘れたかというと
放射線測定機です。。。

東北道を北上した際の
車内から計測した場合の放射線量が気になっていたので
ここは是非持っていかねば~
という強い思いがまりまして
暗い道中、チラチラと計測機を確認しつつ
移動してまいりました~


途中、mixiにメモ代わりにつぶやきながら放射線量を記録。

その時の数値なんですが
阿武隈PAは0.38μ㏜/h。
那須辺りから一時的に0.5μ㏜/h。
その後は1.0超えがあったりしてビビりつつも
安積 PAでは0.62。
けれど外に出て測ったら1. 5。。。
地面近くだと2.0もあるし・・・(ToT)
あまり長居したくないのでそのまま移動しつつ
立ち寄った安達太良SAは0.45。
でもそのちょっと手前だと1.0超。
クルマから出たら1.4。地表近くだと2近く。
 こんな数値じゃ安達太良山には行きたくないかも~(>_<)
(

自分が使っている測定器は仕様上?0.5以上だとバイブが作動。
 (設定次第でライトが点灯したりもするんですがバッテリーの消耗を避けるに控えました)

宮城県に入って白石IC手前13キロくらいからやっとバイブ止まりました。
 蔵王PAは0.07。このくらいだと安心できる領域ですね。(^-^;
 








そんな感じで線量計の数値も落ち着いたこともあり
その途中、どうしても眠くなり
どこかのPAで2時間ほど仮眠しつつ
何とか栗駒山の登山口の駐車場に到着。






いつものように身支度を済ませたなら



スタート
登山開始です♪

実は朝の気温は7℃。
それにプラスして風が強くて
体感的にとっても寒くて
雨具を着込んでおります(^^ゞ





 地図

本日のコースは最もラクなルートを選択しての
往復ピストン(^^♪ 




 
駐車場

朝、早かったので駐車場はガラガラ


 
坂

そんな駐車場前の坂道を歩くわけですが

 

てくてく 
風が強いと気分はイマイチ乗りませんね~





 
改装中
こちらの建物は営業中でしたけど
外観は改装中?みたいでした



 

入口
中央コース入口スタートです

レイくん、耳が冷たいらしくて
両手で耳を押さえています(^_^;)



 
登り 

 最初からよく整備された道をとことこ進みました

 



耳が 
あまりに歩きやすい?道なんで
登山している感覚はあまりなく
スタート直後ということもありまだまだ元気。




 
まっすぐ

こんなラクなルートとは知りませんでした(^_^) 




 色づき 
少しは紅葉が見られるかなと期待していましたが
9月半ば過ぎだとまだまだでしたね


 
 
一息

そんな紅葉シーズンには、まだ早いせいか
人も少なくそれはそれで静かな山歩き




 

振り返ると 
紅葉の最盛期には激混み間違いなしのこの道を
静かに進みました





 
変わらない 
歩きだして真っすぐな道をてくてくと行進




変化なし 
先頭を行くレイくん
威勢も良く皆を引っ張ってくれます(^^♪







 ナナカマド 
実だけが赤くなっていたナナカマド
葉も真っ赤な時に来たかった。。。




 

景色が 
前も後ろも気にすることのないこの道を
マイペースで歩きましたね






 見えてきた

やっと遠望のできる場所を発見

やっぱ色づくには
もう少し時間が必要でした~





さわやかな空気 
自分の予定と進行して行く紅葉とに
ぴったり合わせるのって、意外と難しいものです(^^ゞ





 風強し 
見晴らしの良い場所で出ました~♪
けれど風強し~~




 
雲が

青空の広がるエリアが
徐々に山頂方面から流れてくる雲で覆われそうです


 
山頂方面

この分だと山のテッペンは
期待できないかも~

 

風が強くて 

目が開けられないくらい風が強いみたいで
変な顔してるよ(^_^;)



 
まだでした 
色づく葉を探すのに一苦労



 

二人

特に紅葉に関心のない子供たちではありますが
とにかく頂上に向けて
頑張りました


 
寒い~ 
出発当初は手袋していたのに
途中で暑くなったので外したのに
やっぱ手が冷たくなったみたい。。。




ガスに向かって

どう見ても山頂はガスの中・・・



 
とことこと 
晴れてくれることを願いつつ
歩きましたね



火山岩

この山も元は火山だったのでしょうか?



 
へこたれる
ふ~疲れた、、、、 

そんなところでしゃがまないで(^^ゞ



 

がんばろう

さ~気を取り直して
出発進行!!



 
雲の間から
時折、陽が射すと広がる景色~


 

上へ
比較的楽ちんコースの栗駒山へのこのルート
とっても歩きやすかったな~


  
 

 
ふー

ピークはもうすぐだから
頑張ろうね!

  
 





ということで
後編につづく



人気ブログランキングへ

| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家族で秋山!
2011 / 10 / 11 ( Tue )

10月三連休の初日は久しぶり(1年ぶり?)に家族そろっての
登山に行ってまいりました~

青空

晴天確実な日を選んだこともあり
お天気はこの通りバッチリ(*^_^*)












 紅葉
 ただ肝心の紅葉なんですが
登り始めはイイ感じに仕上がっていると思ったけれど・・・







今年は 
上へ進むごとに何か変?!

どうやら綺麗に色づく前に縮れて枯葉状態の木が多数。。。 (/_;)






 
展望 
全体的に紅葉は期待外れではありましたが
その代り展望は楽しめました~!

多少かすみがちではありましたけど
北アルプスを端から端まで眺めることができました~♪





さて、登った山はどこか
そう皆さんもご存じのあの山です。






もうすぐ山頂 
ニャンコ岳じゃなくって、根子岳です(*^。^*)






 
山頂にて 
お出かけする前日、「もう山には行きたくな~い」と泣いていた娘も
久しぶりの家族そろっての登山ということで
何とか登って来れました(^_^;)








百名山

かつて幼い娘を背負子に乗せて登った四阿山もよく見える根子岳山頂。

あ~あっちにも行ってみたいな~と
繰り返しアピールするものの
他のみんなが乗り気じゃないということで
ここは却下。。。(>_<)

パパ一人だったら絶対に行ってたはずなのに・・・




 
まっか 
とま~今年は紅葉不作の年なのかもしれませんが
目を凝らして探してみれば
それなりに楽しめる場所は必ずあるので
そんな紅葉狩りもいいのではないかと思いました。











人気ブログランキングへ 

先回のナイトミュージアムの続き
もう少ししたらアップいたしますね^_^;
遅っ。。。

| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。