スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ナイトミュージアム♪
2011 / 09 / 30 ( Fri )
先週の三連休の初日は
以前にも訪れたこのある鉄道博物館へ行って参りました~♪

但し今回は、普段とは違う時間帯でして
館内への入場時間は午後6時半から!


鉄道 
そう今回はナイトミュージアムということで
入場できるのはビックカメラのキャンペーンで抽選に当たった方だけの限定イベントでした。



たまたまこのチケットを手に入れた某鉄ちゃん(^_^;)が
その日行けないということで
その代わりに行くことになったわけです。はい。




 制服で

その昔、開業当時の制服なんでしょうね。
嫌がる娘に着てもらいつつ
SLの前での撮影(^_^;)








館内 
このナイトミュージアムのイイところ

それは普段よりか人の少ない館内を見学できることです!

以前来た時は、オープンして間もない時期だったこともあり

人がわんさかいたりして

ゆっくり見られなかったのですが

今回は閑散とした館内をゆったりとした気分で見学できました~ ♪







 SL.jpg 
あれは2ヶ月くらい前だったでしょうか。
某大学内に保管されているSLが見られるというこで出かけた際
古いコンデジを息子に譲ったのですが
それ以来すっかりカメラにも慣れ、今じゃこんな風に一端の鉄っちゃん?もどきになってましたね~(^_^メ)









 


特急

いつもなら入ることのできない運転席に乗れるチャンスもあったのですが

ま~そこまで鉄道の世界にハマっていない自分には全く興味がなく

その辺は完全にスルー(^^♪ 





 

スタンプラリー

辛うじてスタンプラリーだけは熱心だったような・・・











 模型
 
ここもご覧のとおり自由に見学OK!





パノラマ

いつもならガラスの前に近寄れないみたいなんですが

この日はじっくり拝見できました~!





 

転車台 
 
転車台ではいつもながらの回転実演&大音量の汽笛が館内に響き渡っておりました~



全般的に言えたのは既に一度来ているせいもあり

じっくり眺めることはなく

小一時間で見学は終了(^^ゞ
 




ホントは、この日予約なしで体験できる運転シミレーションとかも

並んで待っていれば体験できたものを
 
待つのもメンドーに感じたので

折角の機会なのにそれさえ省略して

さっさと帰ってきちゃいました~





何せ元々鉄道マニアでないので

真剣にのめり込めないこともありましたが
 




実は、この日の晩

山目的での遠征が待っていたので

どちらかというとそっちの方がメインだったかも・・・
^_^;



人気ブログランキングへ 

というわけで
東北の山編につづきま~す(^^♪









スポンサーサイト
博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近、お出かけたした所~
2011 / 09 / 27 ( Tue )
季節の移ろいを感じる今日この頃
あの猛暑の日々が懐かしく思えますね(*^_^*)
 
先週末は、一足早い紅葉をお目当てに東北の山へ行ってきましたが・・・

紅葉にはまだ早かったようです(^_^;)


さて、ここ最近お出かけしたところを
報告がてら紹介しましょうかね~




先ずは8月の終わりでしたが富士フォトギャラリー新宿にて
山岳写真家の菊池哲男氏の写真展が開かれていたので
家族連れで行ってみました~


記念に 

家族で伺ったこともあり子供たちにも声をかけていただき
 先生の暖かい人柄を感じつつ
ステキな写真を拝見しました~♪




ついでに
サイン入りの写真集をゲット!
(^_^)






その翌週は、これまた別の写真展 なんですが
六本木にある富士フィルムフォトサロンへ行ってきました~







 写真展 
 「日本山岳写真協会展」は初めてではありましたが
どれも素敵な写真ばかりでしたね。



これには自分でも驚いたことでしたが
作品を見れば大抵どこの山で撮ったのかが
分かるんですよね~(*^_^*)

それから撮影ポイントって、だいたい決まっているんでしょうか?
その多くがどこかで見たことのあるものでしたね~
 


よく「山と渓谷」誌のコンテストで白旗史郎氏の辛口コメントを読んでいると
その手の呟きというか嘆きの言葉がよく綴られていたことを思い出しました~(^_^メ)






あと場所が場所だけに銀塩写真だけかと思っていたら
デジタルの作品もあったりしてちょっと安心しました。


自分としては今更中版カメラへとは向かわないと思うので
これだったら自分でも応募できるかも~^_^;
なんて思ったりもしたものですから~
 

ただ本格的な作品作りの世界ともなると
さらに奥深く踏み入らないと撮れないだろうし
今後どうしようかとも考えてしまいました。。。 















それから話は変わりますが
以前に山で切れてしまったザックのショルダーベルト。
購入したショップ経由で修理の依頼をしたら
無事戻ってきました~


ザック 
当初、2~3週間くらいかかると言われたのですが
しかし実際は1週間もかからずに戻ってきました~

そこで修理後の状態を確認してみたら・・・
 最初気づきませんでしたが
なんと問題の個所がそっくり新品のベルトに交換されていました~(*^_^*)

なので元の色と若干カラーが違うのと(色あせしたのかも)
胸ベルトの付け根部分の色が黒からベージュ?に変更になってました~










さて、話は再び変わり

先々週の日曜日のことです。

それはオープンしたばかりの
とあるミュージアムに行ってきた時のことなんですが

そこは駐車場がないということで
少し離れたコインパーキングに駐車してから徒歩で移動。



その途中


 こんなところにも
  こんな案内標識やら




案内 
足元にもこんな感じで道案内してくれるわけでして




外観  
藤子・F・不二雄ミュージアム

迷うことなく無地到着~(^^ゞ








 バス 
電車を利用した場合、駅からバスが出ているのでコチラを利用 

こんな感じのラッピングバス是非乗ってみたくなりますよね

電車はいろいろと問題視されていましたが・・・



 





待ち時間 
こちらのミュージアムは事前予約制のため
入場時間も決まっています。


*チケット購入方法の手順、もっと簡略化できないのかな~







看板

自分たちは午後4時からの部に予約したのですが
でも3時ごろには着いてしまったので
しばらく列に並んで待っていたら




 やっと
30分早く入場できました~!(^^)! 





 フィギア 
 館内に入る手前にはこんな感じで





いろいろ 
フィギアが展示されていて

気分を盛り上げてくれます!




さらに館内入口から入るとそこはエントランス。
受付で各自、「おはなしデンワ」と呼ばれる携帯電話のような形をした
音声案内機器を1台手渡されます。

大人用と子供用に分かれていましたが
館内の番号表記にある数字を入力すると
電話するかのように機器を耳に当てながら
音声による説明が聴けます。
それを聞きながら順路に従って展示物を見学する仕組みでしたね。



当然ながら館内での撮影は禁止ですから

内部の画像はありません。


















あれれ 
「きこりの泉」

ただ途中、こんな展示物とかはOKみたいでしたから
ここでは皆さん一斉に撮影大会状態(^_^メ) 




さて館内の展示物が終わると

3階の外にあるはらっぱ(庭園エリア)へ



 お昼寝
  のんびりお昼寝するパーマンがいたり




ドラえもん

ドラえもんと一緒に撮影できたり


 


あんなところに 

あんな所にはジャングルくろべえがいましたよ




 どこでもドア 
一家に一台はほしいアイテム
どこでもドア(*^_^*)





 

一緒に

いろんなキャラクターがいて楽しめました~



 おばキュー 
 オバQなんて見たことのない世代の我が子たち





マンガ

自分が子供の頃読んだ漫画が読まれているなんて~

世代を超え、みんなから愛されていることがよ~く分かりました(^_^;)





それからココに来る前からとっても楽しみにしていたのが
コチラのミュージアムカフェ



 メニュー 
 テイクアウトできるメニューもありますが





カフェ

本命はカフェでしかオーダーできないこちらのメニュー♪



実はここ、入るためには順番待ち状態でして
パパ一人
入館と同時にカフェへ速攻で移動。

そこで無事、順番が記入された番号票をもらってから再び展示コーナーへも戻るのでした~



因みにこの時点で90分待ちでした^_^;





館内の見学をして

外の撮影スポットで時間を潰している間

ぶらぶらと待っていると

館内の見学は18:00で終了~



え~ということはカフェも閉まっちゃうの~?!









と思っていたら



カフェは19時まで営業しているということで一安心~






なんとか席に案内され

早速オーダーしたものなんですが 

 


ドリンク 
こんな感じのドリンクとか



 暗記パン
  ドラえもんのアイテムを模した
暗記パン♪

これが今回のお目当て!

是非、食べたかったのだ~(^_^メ)







ラーメン 
ついでに小池さんラーメン

味はサッパリとした醤油系スープに細麺でした。

量はそれなりでしたが美味しかったですよ♪









というわけで以上、最近お出かけした所でした~
(^^♪







人気ブログランキングへ





博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏の立山キャンプ(4)
2011 / 09 / 14 ( Wed )

夏の立山キャンプ(3)からの続きです



夕食を済ませればあとは食器等の後片付け。

日没前の僅かな時間だけど。
そんな間にも関わらず、あたかも近所の公園で遊ぶかのようにはしゃいでいる我が子たち。
(*^_^*)

さすがに暗くなれば何もすることのできないテント泊ですから
寝る前にすべきこと・・・そう子供たちのトイレと歯磨きだけは済ませねばなりません(^_^メ)

 

夕時 
日も傾いて太陽の光が遠ざかる頃には
暑かった日中とは打って変わり
気温がぐんぐん下がってきます。

依然うろうろと近くの残雪で遊ぶ子供たちを呼び寄せて
テント内で寝る支度を整えます 





 日が沈み
普段家にいればテレビを見たり
宿題をしたり何かしろ家で寛いでいる時間帯だけど
日が暮れてしまえば特段することのない山でのテント。

夜はもう寝るだけ・・・






久しぶりのテント内。
どういうわけか慣れない寝袋のせいか落ち着かな子供たち。。。

それに外が冷えてきたせいで徐々に寝袋に包まれてゆく感じ。
ところが娘がやけに寒がります。。。

それに加え繰り返しくしゃみを連発するもんだから
ちょっと心配になりました~。
 
念のためファーストエイド内の薬を確認してみたら・・・
ありゃ~風邪薬ないじゃ~ん(>_<)
あまり使うことのない常備薬の確認を忘れていました~

 
ないものは仕方がありません。
これ以上の悪化は避けたかったので
とりあえずもう一枚、服を着させて、更に自分のシュラフで覆ったりもしたけど
中々寝付けないご様子。

困ったなぁ~
などと思いつつしばらく一緒に添寝。

 
 

実は、この日の晩。
夜間撮影するため剣御前小舎まで登ってみようかと考えていたのですが
子供の体調が良くないので
テントから遠く離れるわけにゆきません。


しばらくすると
外から何やら人の声が・・

「月が出ているよ~」



えっ、さっきまでガスっていた周囲でしたが

テントの外をのぞいてみると

お~晴れてるではないか~! 

 


慌ててカメラと三脚をもって外に出てみました~
  









 
テント場
が、子供のことが心配で遠くには行けず
近場をうろうろしながら
周辺での撮影で我慢することに。。。





 月が

ハッキリ言って満月の夜じゃ
星は期待できませ~ん(T_T)




 

明るすぎて
レンズを交換して再度挑みましたが・・・

いつものようにライブビューで星にピントを合わせるんですが
明るい空のせいで中々ピントが合わなくて・・・

も~途中で嫌になって撮影は中止(*^_^*) 




 

月夜 

気づかなかったけど隣の黄色のテント
入口が開いてましたね。
 
どうやらOくん、この時トイレに行ってたみたい(*^_^*)















さて、翌朝は特に予定はありませんで下山だけの日程。

それでも朝一の室堂発のバスに乗るべく
一応それに間に合うように起床。
 



その後、テントの後片付けを手早くすませ 



 撤収

最後に記念撮影♪ 
(*^_^*)




 

天場

明け方前から人の動きがあったけど
皆さん剣岳、大日岳、立山など・・・
早立ちされている方がほとんどでしたね。

 



 

さよなら

こんな晴天なんで
下山するなんてもったいない気持ちもあったけど 
翌日はOくん仕事だというし





 戻りましょう 
また今度、時間に余裕のある時に来ようと
思いながら戻ることにしたのでした~ 







 

荷物

折角持ってきた食材も
いろいろと残ってしまいまして
結局お持ち帰り~
あんまり荷物減らなかったな~(*_*) 





 

よいしょ 

雷鳥沢から室堂までは
ここを登らねばならないのですよね





 ふたり 

いきなりの登り道、チトキツイ・・・




 
天気よし

息子のレイくん
朝、いきなりの登り道だと呼吸しながらゼイゼイしているご様子。
息が苦しいみたい。。。

実は、息子には喘息の気がありまして
昨日の立山登山も途中で断念した理由の一つが
そんな彼の体調のことがありました。  







 急に感じた 
ちょっと先に行ってもらいつつ
息子をサポートしながらのスタートでした。




 

離れた 
天場に咲いたテントのお花たち(^_^メ)





 
調子が 

それでも急がずにゆっくり歩けば何とかなりそうなので 
ちょっと安心^_^;
 






あっち 
さすがは観光地!
この周辺って意外と山小屋が多いですね 











 てくてく 
  そんな小屋の名前を地図で確認しながら前進




小屋 
近づいた小屋の横を通過して行くと



 

こんな感じの道 

これまたよくぞ整備された遊歩道!

ここを歩くのって本当に久しぶりだ~
 





水平道 
 何ら問題のない観光チックなルートですから
 
娘は先頭でリード(^_^メ)
 






硫黄 
 
不気味なほど真っ白なこのエリア




ゆっくりと
 
あちこちに蒸気が噴き出していて
硫黄の臭いがプンプン(^^ゞ
 


呼吸器系に不安を感じている息子も
ここを歩かせて大丈夫か?
ちょっと心配になりましたが
足早に通過。






もくもく

普通に歩く分には何ら問題ない場所だけど
息子に感情移入していると
心なしか自分も気分が悪くなるような・・・
(^_^;)








蒸気 

勢いある噴気地帯



 
離されてゆく

ちょっと匂いがキツイケド、ガンバレ~!

 



ぐつぐつと 
ぐつぐつ煮えたっている池が異様でしたね(*^_^*)

 






 
池 
そんな熱々な池を利用しての温泉卵づくりがされていました




地獄谷 
死を連想させるこの谷の景色は
草木も生えない場所なんで 「地獄谷」とは正にぴったりな名前をつけたものだと 
  改めて感心させられる場所でしたね~


 






朝食後 

さ~ここから登っていけばみくりが池だから♪

おっとその前に腹ごしらえ

朝食抜きでココまで来たので
小腹が空いたようで
行動食でお腹を満たしましょうか~!





 坂

 さて再び行動開始!
 





 

お花

こんなところにお花畑♪
イワカガミがイッパイだ!





 ゆっくり 
 でもお花は二の次のお子ちゃまたち(*^_^*)

 




 



よいしょっと 
何だかこの坂、キツイなぁ~





 ピース 
 
と申すのは娘でした
(^_^メ)






休憩 
急坂を登り切るとそこはみくりが池~♪

ここでゆっくりと行きたいところですが
バスの時刻が迫っていたので




急がないと 
急がねば!






 見えてきた 
 
室堂が見えてきたぞ~






人少ない

ココまで来ればもう大丈夫!



 

余裕

あとは余裕じゃ~




 戻った
 
トコトコと歩いていくと




戻ったぞ 
人がイッパイ~!


その後は、バスに乗ってケーブルカーで下りて





 
帰ってきた

無事、立山駅に戻ってきました~

その後は車で移動

娘の希望で海に行きたいというので
ドライブしながら海岸巡り(*^_^*)
 
何か所も回ったよ~



途中、渋滞にハマりつつ
何とか帰宅したのは夕刻でしたかね。

といわけで 
夏休み直前ではありましたが家族登山はこれにて終了~






ここにきて残暑が厳しいですが
山の季節は、もう確実に秋へと向かっております。
できれば家族で行ける山でも~と考えているんですよね。

はたしてどうなることやら(^_^;)









おしまい


  


 


人気ブログランキングへ 

| トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
夏の立山キャンプ(3)
2011 / 09 / 06 ( Tue )


夏の立山キャンプ(2)からの続きです


*立山に行ってからもうだいぶ日数も経っているせいで
当時の記憶が・・・(^_^A;)
 



休憩中 

そうそうこの前のレポはこの写真で終わっていましたよね~
 
実はこれってちょうど娘が写真を撮っているシーンでした(^_^メ)



で、その時に撮っていた写真が以下の通りなんです~
  
 
娘写真

ん~まぁ~まぁかな(*^_^*)





 
娘写真2
空の面積が多いのが気になるけど・・・




 

娘写真3 
それなりに撮れていたので良しとしましょうか~ (*^_^*)




さて、子供たちの様子を見ると

何だか疲労感が漂っておりまして

これってもしや・・・
 
やはり昨年の白馬岳のことが脳裏に浮かびまして

このままがんばっても無理させるだけかもしれない

今日は雄山までムリかなぁ~

と思うようになりました~(^_^.)
 



それじゃ~とりあえず一ノ越山荘まではがんばろう~!


ということになりまして

そこまでは何とか登ることに~












 
見えてきた
久しぶりの登山で四苦八苦している子供たちを励ましつつ
小屋が見えてきたぞ~などと
期待感を持たせつつ








 

登り道
叱咤激励♪



その後、どうにか小屋前に到着~

小屋に着いたらソフトクリームでも御馳走してあげよ~

なんて言っていたら・・・



ここでは販売されてませんでした(^_^;)


それじゃ~ということでここで昼食休憩





小屋前は日差しが強く日影エリアには登山者の皆さんが既に休憩中~

休む適当な場所が無いので小屋の出入口付近に腰かけて

お昼御飯♪

ついでに缶ビールが売られていたので
Oくんのおごりで頂いちゃいました~
あ~キンキンに冷えていて美味かったな~♪

















  
 

残念だけど
さて、この先の予定なんですが

このまま頂上へ向かって歩いて行くと

日帰り入浴可能なみくりが池温泉に間に合わないことは
明白でありまして
せっかくここまで来たのに頂上を踏めないなんて
ちょっとがっかりではありましたが・・・





 

岩に 
子供たちの体調と気分?を尊重し
ここで引き返すことにしました~




 
もくもく 

午後はお天気が崩れやすくなるのが
山での常識





下山

それでもこの日はこれ以上崩れることはなく
比較的安定したお天気で
たいへん助かりました~




悔しいけど

そんな好条件下でありながらも
ピークを目の前にして下山するのは
実にもったいないなぁ~(^^ゞ



 
帰りは

ま~この子たちもまたいつか来るチャンスはあるでしょうから
それまでの楽しみということで
ここは潔く戻ることにしましょう~


  

 
 
てくてく
まだまだ残雪箇所の多かった7月中旬



 

あんなに近く 
9月ともなればほとんど消えている頃だと思いますが






 
こんな道

立山の夏は短く、休息に深まる秋へまっしぐら~

そして今後はイッキに冬の様相を呈していくんでしょうね



 

おそるおそる 

へっぴり腰な娘( ^)o(^ ) 




 
道づくり 
途中、雪切りしながら道を整備している方の横を通過していきますが



 

意外と

整備された道を進むとまた雪渓を横切ったりと
変化に富んだ登山道でした



 
ここまでくれば

ココまで来ればもう安心

 

振り返れば 
振り返ればそこに鎮座する立山♪

日本にいながら
まるでヨーロッパアルプスを見ているかのような景観は
たまらないですね(*^_^*)







 ピース 
  ベンチに腰かけてしばし休憩




池
その後はマッタリしながら
散策しつつ


 

温泉だ

温泉へ向けてレッツラゴ~ 



 
ソフトクリーム
おっとその前にお約束のソフトクリーム♪

食べる前に写真撮ろうと思ったら
いち早くかぶりつくもんだから
な~に~?
(=^・^=)
 



その後、温泉に浸かりましたが
チョッピリ熱いお湯だったので
子供たちは湯船に入らず・・・(^^ゞ




 

温泉後

お風呂に入ってサッパリした子供たち

この展望台から向こう側を見ると


 
のんびりと


硫黄臭漂う地獄谷~



 

戻りましょう
やっぱこっちの極楽コースがイイですね(^_^;)





 
お花畑 
お花が遠くてこんなのしか撮っていませんが



 
絶景 
雄大な景色を目の前にしてしまうと
 小さなお花たちは二の次になってしまいます~(^_^;)




 
のんびり

声をかけるとつかさずポーズをとる息子♪


 

天空のお散歩道 
夕刻前のゆったりとした時間帯

たまにはこんな場所で寛ぐのもイイもんです




 
血の池 
ここは血の池だそうです^_^; 






 
おすわり

湯上りでさっぱりしたお二方




 

下って


はやくテントに戻って夕ご飯にしよう~




 
テント 

テントの数も幾らか増えたみたい 




 


 帰ってきた

我がテントに戻ったよ~


すぐさまビールやトマト、きゅうりを流水に冷やしたりしている間に
夕食の準備

その後パパ一人が調理担当。
作って出来上がれば即その場で食べちゃったで
記録としての写真は全然ありませ~ん(^_^)













てなわけで更にレポは日没、夜へとつづきま~す









人気ブログランキングへ 
明日以降晴れの日が続きますね~
でも週末は・・・



| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏の立山キャンプ(2)
2011 / 09 / 02 ( Fri )

トップ
夏の立山キャンプ(1)
からの続きです













テント設営後少しだけ休憩した後
本日のメインイベント&本来の目的地
立山登山をスタート~! 
 

出発

予定していた時刻をとっくに過ぎていたのでここは 
とりあえず必要と思えるものをザックに詰め込んで
急いで出かけましょうかね




 行こうかね  
ま~子供たちは手ぶらで結構~(^_^;)
 




あっち
「あっちに行くの?」

「そうだよ、そっちに向かって行くんだよ」 

確かそんなやり取りだったような~(*^_^*)




 沢
 
久しぶりの雷鳥沢

実は、ここに来るのはまだ子供たちが生まれるずっと前に
ママと二人だけで、あの剣岳へ行った時以来なのだ~




橋

そんなこの場所を
すくすくと育った我が子と来ることになるとは~
時間とは不思議なもんです(^_^)


 


雪
おっとと・・・

滑るから気を付けてね



 橋を
しっかりと設置されたこんな橋を渡りま~す
 




 

わたって
そうそうこの日はスキーを担いでいる人もチラホラいましたね







 こんな道
  今回歩いたこのコース

歩くのは初めてなんですが
どんな所かワクワク♪






テントサイト 
こうやってコチラ側から見ると
まだ雪が多く残っていましたね~



パパ先導 
それにこの辺の原っぱも
緑が完全じゃないから
これからいろんなお花とかも咲くのでしょうか? 







 こっち

今日は、この分岐を一ノ越経由で雄山へ向かいます!

そして無事、雄山まで行けたら
ぐるっと経由してここへ下りてこようかと考えていました・・・


 




水たまり

なんだか・・・ここって本当に登山道?

と言いたくなるような道を進みま~す


 
我が家
まだ我が家のテン(右側の赤と黄色)トが見えますね





 雪道
 
ひえ~このまま残雪歩き~?

しかもルートはどこじゃ~?!




どこ 
ご安心を

薄っすらとした紅がらと踏み跡があるので
これを辿りながら進めばいいわけです(^_^メ)




ゲレンデ
コチラ側はまるでスキー場のゲレンデのような緩斜面が続いておりました





 まぶしい 
あ~良かった 
短い雪渓で

 ほんの少し横切るだけでしたね(^^ゞ





広い 
それにしてもどうです
この絶景!

ロケーションの良さにテンション・ウナギ昇り(^^)/






快適 
天気もいいし景色も良いので
登山としては最高点あげちゃいます~(^^)/







 補助
心細くなるような板をおそるおそる渡って・・・




水路みたい 
ここって水路ですか?
と突っ込みたくなるような道ですよね





 ほこら

六地蔵前を通過

ここまで前を見ても後ろを見ても誰もいない道なんで
とっても気持ちいー♪ 






 アップ

そんな静かな場所で立山をこのアングルで眺めるのもイイもんですよ~!


 
またまた

ここまでアップダウンもなく平たんな道なんで
子供たちもまだ全然楽勝~♪ 



 
ごろごろ 
と思ったのは最初だけで・・・

ここからは山、本来の上り坂に突入~(*^_^*)




 
お疲れ 
ふ~疲れた~

水分補給♪





 
清々しい空

次の目標地点はまたまだ先なんで
がんばろ~! 






 
ちょっと 

子供たちにしてみれば約1年ぶりの山

久しぶりの登山で少々戸惑っているのかな~




 
しんどく

チョッピリ不安がよぎりましたが
まだ始まったばかりなんで
ま~大丈夫でしょう~と楽観的なパパでありました~
(*^。^*)



 
またまた雪
それにしても残雪多いっすね~






 
見上げて

真夏なんで、かき氷みたいな雪の上はとっても気持ちい~

と思っているのは自分だけかな?
(^_^;)




がんばれ

なんだか残雪と夏道のミックスな登山道が続きますね~



 
天気よし

このルートでは下ってきた方1名とすれ違ったのと
のろのろな我がチームを抜き去った小学生の男の子とお父さんのお二人組に
出逢ったくらいでホント静かなルートでしたね


  

 


もう疲れたの
再びしゃがみ込む娘
少しテンション下がってきたみたい・・・(^_^;)





 
あくまでも

さぁ気を取り直して進もう~!


 

あの小屋は

あっちに見えるのは立山室堂山荘かな




 
雪の上を

今回は、昨年のこともあったので
あまり無理はさせずに
子供たちのペースを優先しました 




 
まだあるね 
されに折角の山なんで苦しいだけの山歩きにならないよう
心がけました~(*^_^*)







 
こんなところばかりじゃない 
しかも今回はママ不在でして
いつもだと機嫌が悪いとついとふて腐れたり
甘えたりしていた娘も
意外と頑張りさんでいましたね~





 
雲が

だんだん雲が増えてきたかな



 
斜面 
途中、こんな雪渓を横切る場面もあり




 
一緒に
助太刀してもらいましたね

こういう場面だとパパ一人じゃサポートできませんから
Oくんがいて助かりました~!




 
休憩中

ふ~一息つきましょう~ 


休憩しながら地図を見てみると・・・

どうもコースタイムを計算すると
これから先の予定をこなすのは
ちょっと難しいかも~

というのも 山頂までの時間+温泉の日帰り入浴までのタイムリミットに間に合うのか?

どう計算しても時間がたりないような・・・







この続きは次回の記事で~







 

人気ブログランキングへ 

やはりこの週末、台風の影響で山は無理ですね
ということで明日は写真展でも行こうかな~(^_^)


| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏の立山キャンプ(1)
2011 / 09 / 01 ( Thu )
2011/7/16-17


例年に比べ早く明けた今年の梅雨

それに伴ってか週間天気予報は晴れのマークが並んでいるではないですか~

ということで特に予定していなかった夏山計画を急遽、練ることになったのはいいけれど

肝心の我が家の統率はイマイチで

昨年の白馬岳登山でしばらく山はコリゴリといった空気が・・・(T_T)



そこでこのネガティブな流れを打破すべく

猛暑続きの世界から解放される夏山の素晴らしさをパパ一人奮闘し
家族への啓蒙活動に励むのでした~(^_^)
 


がその奮闘ぶりも空しく一向に変化の兆しがな~い(T_T) 
 






そこで極めつけに、パパと一緒に山へ行ったら何かご褒美が待っているよ~
などとアメでつる作戦に戦術変更(*^_^*)

すると子供たちも現金なもので
それじゃ~行ってもいいよ~ということになり
どうにか夏山計画が始動する運びになりました~



っと思っていたら・・・



脚の調子が悪く、体調も良くないと言い出すママ。。。 

 



それじゃ~パパ一人で子供たちを連れて行こうじゃないか~!
ということになり
そんなバタバタした中で山の準備にただ一人忙しくするのでした~(^_^.)







今回、行き先として選んだのは立山

どうして立山なのか?
それは交通機関を利用すれば楽して簡単にアルプスに行ける
これが今回選定した最大の理由でした。

つまり、疲れずに山へ行けるってことだね~(*^_^*)



で、立山・室堂といえば長野の扇沢経由も考えたけど

行くまでの料金が高いのと時間がかかということで

今回は立山方面から向かうことにしました~





ケーブルカーの立山駅前の駐車場に着いたのは午前3時過ぎだったかな~

でも駅に一番近い駐車場は既に満車で

そこから一段下がった手前の場所にある駐車場へ行くと
そちらは空が有り端っこの場所に駐車してからすぐさま仮眠(=_=)

締め切った状態だと暑いので窓を少しだけ開けて寝ていたら
そこへ招かれざる客人(蚊)の侵入~
 
おかげで熟睡できず・・・
(>_<)




その後、夜明けとともに朝一のケーブルカーに乗車するべく

駅に移動したらも~既にチケットを購入するための列が並んでいて

結局、乗車できる順番は2番目でした。







水場 
ケーブルカーの乗車までの間

朝食をとったり、水場で遊んだりして時間をつぶし



その後ケーブルカーに乗り込みますが
下車すると今度はバスに乗って移動~
 

観光チックな車内放送は
早出のためか眠そうな乗客の耳には殆ど入らずじまい・・・

それでもバスの中から見える外の景色は、もうこれ以上ないくらいの夏の日差しと澄みきった青空で
それはそれは素晴らしい風景が広がってました!
 
*子供たちはバスに揺られ熟睡モード(*^。^*)











 ピース 
人でにぎわう室堂は一点の曇りのないド快晴!



陽光も眩しく久々のアルプスに感激♪ 
(たぶん子供たちも・・・)







 天気も良く 
富山側からだと早めに到着できるメリットの高さを実感しつつ

整備された道をテクテク歩きだす










 分岐 
本当は、ゴールデンウィークに四国の石鎚山に登るはずだったけど
前のレポでも触れたように
結局その計画もお流れになり、その後もいろいろと予定が合わなかったため
子供たちにとっては約1年ぶりの山になってしまいました~






 
こっち 
ヤマノボリしているというか

ただのお散歩コースですね~(^_^メ) 




 
素敵な道 
この時、扇沢方面より早い時刻に室堂入りできたせいか
人も少なく快適快適♪










 てくてく 
あ、言い忘れましたが
今回ママの代わりに同行してもらったO君
久しぶりではあったけど点泊装備のボッカ役としてご一緒してもらいました~





 
撮影

あ、それからいつもただ歩くだけじゃつまらないだろうということで
今回初めてデジカメを持たせてみました~





 
友 
2年前にご一緒した白馬岳ではガスガスの展望でチョッピリ残念な初アルプスでしたが
快晴且つこの絶景にはO君もご満悦なご様子♪





 ばなな 
バナナを頬張りながら味わう山の風景♪
どちらも美味しいでしょ(*^。^*)






 
みくりが池 
みくりが池の完全なる雪解けまでは、もうチョイといった感じでしたね






 
すぐに

さて、この日の第一目標地点
ライチョウ沢のキャンプ場まではそう遠くはないけど少しは急ぎましょうか 




 振り返って 
そういえば少し離れたところにライチョウがいたらしいですが
草陰に隠れてちょっと分からなかったなぁ~








 
ちょいと休憩 
ここでまたまたお座り♪

のんびりするにはまだ早いので


 
始動
 
行きましょう~(^^)/







剣岳

おや、向こう側にちらっと見えるは剣岳

我が家の子供たちの実力からすると
当分、ムリだな~(^_^;)





 ベンチ 
  こんなベンチでのんびり眺めるぐらいが関の山かも~?!
(#^.^#)





下り道

そうそう今回はテント場が近いということで
ザックに入りきらないものは手荷物でした~









 
学生たち 
あの行列は中学生だったかな~







一人先行
出だしから下り道なんで泣きが入ることもなく一人でスタスタと歩きだす我が娘







 
気をつけてね

それを追いかけるように続く弟君

階段だからって油断しないでおくれ~



 



快適な山 
 山歩きはホント久しぶりな息子も
公園で遊ぶ感覚みたいで上機嫌♪



  

見えてきた  
雷鳥沢キャンプ場が見えてきた!

まだ午前中なんでテントの数も少ないよね






下って

この歩道って歩きやすいように整備されているけど
微妙に歩きづらいというか
どうせならもう少し目地を浅くしてもらうともっと歩きやすくなると思うんだけど・・・




 
快調
実際この後、息子はつまづいて半べそかいてました(^_^メ)

 


 

地獄 
極楽な風景とは対照的なコチラは
正にイメージ通りな地獄~
(^_^メ)



 
おすわり 
海の日を含む連休ということもあり
やはり登山者は多めでしたね




階段

これまた子供たちにとっては手こずる石階段

この後、転んで一回転。
チョッピリ涙ぐんでおりました~(^_^;)






 
雪の感触 

そんな階段もココまで来ればもう大丈夫!
あとは自由に歩いてごらん~

その後、テント張るのに良い場所はないかと
うろうろと歩きまわるものの
雪解け水のせいで湿った場所が多くて・・・


 

パパ 

中々イイ場所が見つからな~い(=^・^=)




 
テント

結局、こんな場所に張りました~

O君にとっては初めての山キャンプ。 
何だかんだいいながら実際にテントを設営できるのは自分だけなため
一度に二つのテント張りは疲れました。。。

 

休憩
 
しばしパタンキュ~(#^.^#)

そのまま寝てようかな~

ってまだ午前10時前ですから休むには早すぎますよね~





ということで

これ以降は、ヤマノボリになるわけでして



そのつづきは次回にて
 










つづく








人気ブログランキングへ 
週末は台風でダメっぽい・・・






| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。