スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
第2回 ふくしま 星・月の風景 フォトコンテスト
2011 / 05 / 09 ( Mon )
久しぶりの更新です<(_ _)>

震災以来、特に変わったことはありませんでしたが
悶々とした日々を過ごしていたわけでして・・・

いつしかGW直前となり
書きかけの記事をアップしようかと思いきや
そのまま連休に突入・・・
 連休は遠出したため
折角のブログ復帰のタイミングを完全に失い
今こうして加筆しながら再アップいたしました~(^_^;)






あれから多くの皆さんがお感じになり尚且つお考えのように
自分も震災による被災者のこと、そして自分の家族のこと、今後のことなど
いろいろと思い悩み、今まさに自分にできることは何か自問自答しながら
できることをしてきたつもりではありますが・・・



上手く説明できませんが
留まっていても何も進まないので
結論としては、兎に角ガンバロウ!
っていうことで
ブログを再開することに!
(#^.^#)


★ ★ ★ ★ ★





さて、では何を書こうかと考えた末に思いついたのは

今回の地震により一躍世界にその名を知らしめた

フクシマ

そんな福島県で公募していた写真コンテストの話でもいたしましょうか。

それは『第2回 ふくしま 星・月の風景 フォトコンテス』といいまして
場所は忘れましたが、どこかのプラネタリウムでチラシを見たのが始まりでした。

でもこのコンテスト、応募規定を見ると
あくまで福島県で撮影されたもの限定でして
改めてこれまで撮影したストックの中から撮りためたものを振り返ったら
ありました!
福島で撮ったものが!!

けれど場所が西吾妻山ということで
実にビミョーな位置なんですよね。
というのも丁度福島県と山形県の県境にある山で
ちょっと外れると福島県じゃなくなるんです~
 それで確実に福島県側になる場所のものをということで
チョイスしたのがコチラの写真~
応募したら見事入賞いたしました~

↓ ↓ ↓

星寂の樹氷原  
「星寂の樹氷原」

【講評】
この美しい樹氷まで歩いて行くだけでも大変ですが、なお
かつ厳しい寒さの中でよくぞ頑張って撮りました。
努力しようにも値します。
さらに、明るい月夜に星を撮るのは難しいものですが、
月光による樹氷の影と星の両方をきれいに写しています。
これは、ポジションの取り方や狙う方角などのしっかりとした計算が
なされてこそ可能になります。
月夜の雪原と星空の美しさを両立された力作です。
(鈴木一雄)

*しっかりとした計算・・・ってあるけど
実際は下山時にたまたま出会った場所なんですよね(^_^;)



今回、応募にあたり自宅のプリンターでは
募集要項の四切りサイズでの印刷はムリなため
写真屋さんに手焼きでお願いしました。

けれど手焼きって言っても
思ったような仕上がりが得られず
納得のいく仕上がりに至るまではたいへん苦戦しました。
家のプリンターだと星の一つ一つがリアルに再現されるのに
写真屋さんの業務用プリンター?だと小さな星が潰れてしまうもんだから
納得のいくまで何度も何度もお願いしちゃいました。

因みにそこの写真屋さんは小さいながらスタジオも兼ねておられて
撮影も担当されている方でして
今回、手焼きを担当したその方と少しお話したら
月刊『天文ガイド』のカメラマンとも知り合いということでした。



ま~ともあれいろいろありましたが
何とか仕上がった写真を送ってから
その後、結果の通知が来て
入賞したとのことでした。
当初、入賞の意味がよく分からず
入選と同じ意味だと解釈していたのですが
けれどよくよく調べたら最優秀賞が一人いて
その次にくるのが入賞者になるらしく
その中の4名に入っているらしく
後日、表彰式があるとのことでした。
でも、それだけのために郡山まで出向くは気はなかったし
丁度その日は別の予定があったので
残念ながら欠席しました。

その授賞式があったのは
あの震災があった6日前でした。





その後、あの震災があってからは
皆さんご存じのように
いろいろな出来事が生じ
このコンテストの写真展が開かれていた
郡山市ふれあい科学館も臨時休館。
しかし先週、再び通知が来まして
4/29から再開し5/31(火)まで開催されているようです。 

 

詳しくはコチラ
↓↓↓

◆第2回 ふくしま星・月の風景フォトコンテスト 作品展◆

《期間》
2011年3月5日(土)~5月31日(火)
※休館日を除く

《時間》
平日: 10:00~16:15
金曜: 10:00~19:45
土日祝: 10:00~17:45

《場所》
郡山市ふれあい科学館23階 宇宙劇場ホワイエ (無料)

《主な展示物》
福島県内で撮影された「星・月の風景写真」作品40点





興味のある方はどうぞお越しくださいませ~
もし行けない人は

作品写真集

作品写真集が出ているようなので
関心のある方はどうぞ~

価格は500円で販売中です。








人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。