スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
今年も西吾妻山の樹氷に逢ってきました~!【3】
2011 / 03 / 08 ( Tue )



今年も西吾妻山の樹氷に逢ってきました~!【1】

今年も西吾妻山の樹氷に逢ってきました~!【2】

からの続きで~す


北側 

  雪のシーズンは、どこが山頂だか分からない西吾妻山。
ピークに拘ったところで特に何もない平らな場所ですから
そんな所でただジッとしていてもつまらないので
今まで歩いたことのない山頂から外れた周辺部を散策してみることに。
 


 


並んで

遠く連なる吾妻連峰と樹氷たち








 
樹氷
天候次第ではありますが
このまま縦走できたらどんなに気持ちのイイことだろうか。
そんなことを考えたりもしました。
とはいえ安定した天候とはならないこのエリア
安易な行動は命取りなんで
実際は難しいかなぁ~
 






さてロケハンを兼ねたお散歩は、この位にして
小屋へ戻ることに~







 

スキー 
団体さんたちも下山して
静かになった山頂をゆっくりと下り 



 


雪原

踏み跡だらけになった下のエリアに向かいます






 

見上げて 
途中、誰もいないことをいいことに
あまり使っていないリモコンにて
セルフ撮影♪ 
(^_^;)







 


静か

よく見ると西大巓を登っている団体さんが見えましたね


そうこうしていくうちに 

 



戻ってきた
  小屋に戻りまして

特にすることもないので
小屋の入口付近に吹き溜まった雪をほうきで吐き出したり
荷物の整理とかしてました。





ここで小屋の中をご案内しま~す。


この季節は積雪のため2階のドアからの入室となりますが
室内にある階段で1階へ下ってみましょうか




1階
 すると1階の室内はこんな感じ
ちょうど西日が差してた関係で明るくなってました~



ついでに1階の奥にあるトイレ


2階にいても臭ってくる感じでしたが
どうもトイレのドアが閉まっていなかったようでしたね(*^_^*)





トイレ 

どう見てもトイレの神様が出てくるとは思えないなぁ(*^_^*)

この状態だとベッピンさんにはしてもらえなぁ~ 





 


2階 
さて、これが2階の様子です。
 
昨年と同様、小屋にあった銀マットを拝借して
しばらく横になって休むことに~ 

その際、使い捨てカイロを腰とお腹に張って寝たら
これが意外と温かくて気持ちよかった~(=^・^=)
 
地元のラジオ放送を聞いていると
この日、急速に回復した天候は
久しぶりの晴天だとか。
 
実際、小窓から見える外の景色は
ピーカンの空でとっても気持ちのよいものでした~!

そんな感じで
1時間くらい横になっていたでしょうか



すると外の方から人の声がして
しかもその声の主たちお二人さんが小屋に入ってくるではないですか~

どうやら今晩
小屋を利用されるようで
聞くと地元、米沢の方でした。

ここへはよく宿泊されるとのことで
今年に入って3度目だとか。
 
けれど最近は、この小屋を利用される方は少なくて
自分たち以外の人とご一緒するのは久しぶりとのこと

おじさんたちは、寝床を準備してから
しばらくすると撮影が目的でしょうか。
カメラをもって再び外に出て行かれました~







そこで、自分も少し早いけど
一人で早めの夕食をとってから
その後、自分も外へ出てみることに・・・


























第二ラウンド 
16:20  だいぶ日が傾いてきましたが
それでもまだまだ太陽が眩しいです







 一人だけで 
当たり前ですが、さすがにこの時間ともなると
誰もいません



 
のんびりと 
山ですと、この辺の時間帯が一番贅沢ですね~






 


樹氷だらけ 
どこをどう歩いても自由ですし




  


 


広い 

ロケーションはバッチリで
自由自在にどこでも撮影OK!(^^)!







 

にょきにょき 
昨年はこの密集したエリアに突入して
何度となく落とし穴にハマったので
ちょっと慎重に行動~(^^ゞ






 


飯豊 

飯豊山の山並みもクッキリ浮かび
自然と気持ちが高まります









 

こうしてみると

遠くに見えたのは月山?~ん~判別できない・・・



  


 


蔵王 

こちらは蔵王でしたね

今シーズンあちらに行こうかどうしようかと迷いましたが
夜間、拠点となる場所がないので
今回は諦めました~(^^ゞ

それに本当は、雪山用の天泊装備を充実させる予定でしたが
新たな撮影機材に化けちゃいましたし・・・(^^ゞ























 

蔵王とくらべちゃ~ 
そこで是非、来年は
あのでっかい樹氷に会える蔵王に挑みたいものです








その後、この日二度目の西吾妻山山頂に立ちつつも

撮影スポット探しに移動しまくりまして




 


磐梯山
こちら会津磐梯山と
その先の猪苗代湖が見えるこの場所で粘ってました 




 

安達太良山 
安達太良山もこんな感じで

すっかり晴れ渡りました~



 


じょじよに
さらに日が傾くと同時に
色づく景色




 

撮影風景
今回新たに投入した三脚は
雪の上ということもあり多少の沈み込みはありますが
 意外と安定感があってたいへん助かりました~

昨年は、三脚用のスノーシューの必要性を感じのですが
これだったら無くても大丈夫そうでした~ 



そうそう、ここで携帯でTV電話にて家族と会話しましたね~
*スマホのSIMカードを引き抜いて、前に使っていた携帯に差して使用



 


夕刻
小屋に宿泊予定のおじさんたちなんですが
撮影に出たはずなのに
どこにいったのやら・・・ 



 

日暮れ 
いや~それにしても誰にも気を遣わず撮影できるって

とっても嬉しいです(^v^)



 


暮れる
赤く染まってきた樹氷たち


このまま一箇所に留まっていても良かったのですが

別の場所にも興味がありましてジッとしていられなくて

急いで場所移動(#^.^#)



 

日が沈む
何とか辿りついたのがここでした~



 


 


いろいろと
ちょうど小屋が前方に入っちゃうので

できれば避けたかったけど

太陽の沈むスピードが速くて

結局この場所で妥協しちゃいました~




 

日暮れへと 
本格的な撮影をしている人って
決めた同じ場所でじっくりその場でチャンスを狙うらしいですが
自分の場合そんなセオリー完全無視。。。(^_^;)




 


落日
あくまでも夜間がメインなんで
終始中途半端でしたね~









 

静かに暮れていく 
落ち着きのない撮影タイムも



 


サンセット

日が沈むと同時に終了



ここで一旦小屋へ忘れ物を取りに行ってから

更なる夜の時間へと突入となりま~す













つづく 





人気ブログランキングへ 
マスクが欠かせない日がつづきます。。。



スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
今年も西吾妻山の樹氷に逢ってきました~!【2】
2011 / 03 / 01 ( Tue )
今年も西吾妻山の樹氷に逢ってきました~!【1】
からの続きになります







避難小屋に向かって進んでいますが
天候は急速に回復。

それまで真っ白な世界から一転、眩しいほどの青空が広がってきました(^O^)/



そら 
そうなるとどうしたって進むペースはゆっくりになって
周囲をキョロキョロ・・・(^v^)
 






 トレース 

西大巓まではどちらかといえば
ザンネンな形の樹氷たちでしたけど
ここまでくれば、ま~何とか見られるレベルに達してかな~ 








 にょきにょき
そうなると必然的にカメラのシャッターを切る回数は増えます(=^・^=)






すてきな空
先行しているスキーヤーのトレースを辿っていくと







うさぎ 
この足跡は野うさぎでしょうか
くっくりと残ってました













進まない 
それにしても雲一つない空になりました~(#^.^#)












樹氷 

太陽の光を十分に浴びた樹氷たちの様は
も~眩しすぎます!!! 


そうそう出発前に日焼け止めクリームを塗ったけど
再度塗るのを忘れて、そのまま行動していたら
翌日、帰宅後に鏡を見たら顔は真っ赤になってました。。。 ^_^;













 
いい感じ 
あまりの天候の良さと樹氷群の眺めの素晴らしさに
自然と笑みがこぼれるとは、この様なことを言うのですね!






 怪物 

今季、待ちに待った完成されたアイスモンスターとご対面でき
とっても感激しました^_^;





 樹氷群
こうなると俄然テンションは上がってきます!!






小屋 
そうこうして行くうちに避難小屋が見えてきました~







天気回復 
ココまで来れば西吾妻山の山頂は、もう目の前です








飛行機
 
頭上を通過する飛行機

この山ってちょうど航空路の下にあたるみたいですね















 
小屋に到着 
いつもながら雪に埋もれる吾妻小屋に到着~
 


このまま小屋の前を素通りして山頂まで進むこともできますが
晴れたとはいえ遠くの山並みは雲海で覆われ
今後、更に視界は好天することは間違いありません。
時間はたっぷりあるので慌てて行動せずとも
ということで、ここは小屋の中に入り込んで昼食タイム♪
 


で、小屋の中は暖かいのかと思えば
えっ-5℃??



とりあえずカップめん用のお湯を沸かしながら
鍋のフタ上に冷え切ったおにぎりを乗せて温めてから食べたりしましたけっね。

食料は夜の分まで用意してきたけど
この気温だとザックの中とはいえ食材は凍ってしまうだろうな~






さて、小屋の中で小一時間程、休んだでしょうか



この位経てば
人は減って静かになるかな~なんて思いながら







山頂方面 
山頂方面に目を向けますと
とりあえず人の姿は…減ったかな?!
 





休憩後
この小屋はコース上の重要なチェックポイントでもあるため
皆さん必ず立ち寄るんですよね。
でも、小屋の中まで入っていく人は少ないかも~。


小屋の中で休んでいる間
山頂から下りてこられた
お二人さんと少しばかりお話ししてから


これから 
写真、撮っていただきました~
 





さて山頂まではチョットした距離なんですが
昨年の教訓から念のためスノーシューを装着



そうそう今回、新たな撮影機材が加わりました!






三脚

 GITZO(ジッツオ) GT2540LLVL

おニューの三脚です!!

   


 ジッツオ  
しかもジッツオというと
風景写真家の皆さんがよく使われている三脚でして
ちょっとお値段が張るので中々手が出せなかったりするんですが
実は昨年、この場所で撮影していた時
自分が使っている三脚のあまりの頼りなさにガッカリさせられたことと
先日の夜間ロウバイ撮影の際に
安定感の不足を痛感したこともあり
今回、思い切って購入しちゃいました。

しかもこの日の前日に荷物が届いたばかりで
帰宅後、急いで注文しておいたスポンジカバーを脚に装着させました~

この三脚の優れているところは
レベリングといって
傾斜地でも中心の軸をある程度垂直に保てることなんですよね。

自分の場合、山で使うことが多いので
普通の三脚よりかコレの方がいいかもと思って
この三脚を選んでみました~











 


足跡 
さて、これから西吾妻山の山頂に向かいましょうか






ほ~ 
西大巓(にしだいてん)のピークには
幾人ものスキーヤーの姿が確認できます。
斜面にできたシュプールが人の多さを物語っておりました~
 




ひとひと 
下山してくる一向の皆さん






きっかいな 
ここいらには日常から随分とかけ離れた不思議な造形物があちらこちらに・・・





スキーのあと 
何度となく振り返っちゃいます(^◇^)









ぼこぼこ 
この辺の樹氷は見事です!








小ぶりだけど 
蔵王の樹氷と比べちゃうと大きさや規模では負けちゃいますが
一つ一つは小ぶりながらも西吾妻の樹氷も負けてはいません











わかん  実は、西吾妻山
冬以外、ここを訪れたことがないんですが
いつ来てもとってもすてきなエリアです










ゆっくりと 
樹氷の間を縫縫うように上へ向かいますが







絵になる風景 
この辺りの樹氷の出来栄えに
ついつい見とれてしまいました~♪










すてきだ 
前日まで続いていた温暖な気候のせいで
すっかり雪が融けてしまったのではないかと心配だったんですが
いつものモンスターに逢えてホッとしました(^_^;)











だんだんと 
再び、振り返って見たこの景色
何度となく見てしまいます





前方の男性

前方に一人の男性

どうやら行きにお見かけした方で
既に下山途中でした。

写真を撮ってほしいとの依頼を受け
何枚かシャッター切りましたが
非公開ながらブログをされているとのことでした。

自分もやっていることを告げると
そしたらこのブログのことをご存じだったようで
少々気恥ずかしいかぎりでした。(^^ゞ

















不思議な造形物 

元々細い樹木なんでしょうね
でもそれが成長すると
あら不思議。
得体のしれないモンスターに変身しちゃうんですね^_^;





写真ばっか撮っている関係で


 
団体 
下から登ってくる団体さんに
先に行ってもらいました。



 
 

 なにかな  
タツノオトシゴみたいな樹氷






 
 
 

 飯豊は  
飯豊方面は雲の中でしたね




 
 

 思わず 
皆さん、見物しながらの歩行なんで
ゆっくりでしたね。








 続く足跡 
小屋から大した距離じゃないんですが
見事な樹氷を見ていると全然進みませ~ん(=^・^=)






 北側斜面 
北側の斜面も素晴らしいです!







その後、山頂付近に到着~



けれどどこが山頂だか良く分かりませ~ん



それに団体さんがいるので
その場所を避けるようにして

普段行かない場所を散策・・・




 こちらにも
 下界は厚い雲で覆われているけど
山の上は晴れてます




 
 

 たくましい
 
この辺の樹氷も良い具合に成長してました


 

 いろいろと
 さすがに団体さんも山頂を外れた場所には
来ないみたいなんで
周辺をうろうろと散歩しつつ


 ごじら
 
変わった形のモンスターを眺めてました~











長くなったのでここで区切ります


つづく








人気ブログランキングへ 
花粉症には辛い季節になりました~(>_<)

 
 
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。