スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
☆ニューレンズで星景写真☆
2011 / 02 / 18 ( Fri )
先週の三連休、本当なら南東北へ遠征予定でしたが
生憎のお天気なため中止にしちゃいました。
そこで出かけたのはパシフィコ横浜で開催されていたCP+
よせばいいのに家族で行ったんですが・・・
中に入ったら昨年よりか人が多くて・・・
しかも大きなレンズ&カメラでモデル撮影に群がる人たちを見たママさん
完全に引きまくり・・・(^_^;)

ま~所詮、カメラって男たちの世界なんで
こんなところで撮影に夢中になっている群衆を見たら
フツーの人は驚きますよね~ ^_^;



*********




さて、話は変わりますが
それは前から気にはなっていたあるレンズのことです。


ニューレンズ 
シグマ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
最近、やっと入手しました!


でもこのレンズ、実はキヤノン仕様ではないんです。




 ニコン用
ニコン用です。

決して間違えたわけではないんですよね。

 


マウントアダプタ
EOS/NIT NT    このマウントアダプターがあれば
キヤノンのボディにニコンのレンズが使えちゃいます。

では、なぜわざわざニコン用を選んだかと言いますと


 
絞り
ニコン用にしかない↑絞りリングを使いたかった
ただ、それだけの理由なんですよね。



で、どうしてこれが必要なのか言いますと

以前からとっても参考にさせていただいてる
実験的星景写真のパイオニアの宮坂雅博氏の手法をマネしてみたかったからなんです。
 
詳細については月刊「星ナビ」2010年8月号の中で紹介されているんですが
その中で「露光中ピント絞り可変法」という撮影方法がありまして
実際に撮影された高山植物と星のコラボ写真がたいへん印象的なんです。
そこで自分もこんな写真を撮ってみたいと思いまして
とりあえず撮影に必要な機材(レンズ、マウントアダプタ、蓄光テープ等)は用意しまして
あとは実践するのみ!


さてこの時期、どこに行って試そうか~



すると閃きました(^O^)/

この季節に咲く花と言えば
ロウバイがありました!!


そこで 平日ではありましたが
仕事から帰ったとある日の晩
以前行ったことのある宝登山へ行ってみました。

当初、駐車場から歩いて山頂まで歩いて行くつもりでしたが
現地に到着すると
山頂に通ずる林道へ行ける感じだったので
そのまま車で行っちゃいました(^_^メ)


けれど林道といっても夜は暗くて
道は凸凹・・・


途中で引き返そうかとも思いましたが
何とかロープウェイ山頂駅近くまでたどり着きました~


車を降りて
ロウバイ園へ向かいますが
思ったほど咲いていない・・・

東園は、まだこれからといった感じでした。


そこで西園へ行ってみると
まあまあ咲いてる! 

そこですぐさまスタンバイ


 



三角 
初めての魚眼レンズ
どんな写りをするのか興味津津

ん~画角が広すぎて
余計な物まで写ってる!





 ろうばい 
構図がとっても難しいです。。。




 オリオンと 
LEDライトを点けてみましたが
加減がちょっと・・・







 光が・・ 
こちら光が強すぎ・・・





 雰囲気 
実は、もっと花に寄りたかったのですが
選定されているからでしょうか
花の位置が高くて
自分の三脚では届きませ~ん(T_T)



 難しい
ムリにカメラを近づけようとすると
三脚の安定感が失われ
  「露光中ピント絞り可変法」は見事失敗・・・

その後もカメラぶれを量産したのでした。。。



この手法をマスターするには
ちと経験を要するようです(@_@;)










人気ブログランキングへ 


にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村  
明日は、久しぶりに雪山へ
行けそうです(^^)/

 
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。