スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
年初めの山《硫黄岳》夜間登山
2011 / 01 / 16 ( Sun )
2011/1/2-3

新年早々
今年、初めての山として選んだのは・・・


八ヶ岳

この季節、当然ながらの雪山ですから
ホントは昼間歩いて登る予定だったのに
なぜか今回も日が暮れてました・・・(^_^;)



中央道・諏訪南ICから一般車に進み山側へクルマを走らせると
融雪剤散布&除雪はされているものの多少なりに雪は残ってました。

できれば山に近い登山口・駐車場の美濃戸まで
行きたかったけど
昨年9月に来た時、車の底を擦った経験から
今回は手前の美濃戸口に駐車。


美濃戸口 
17:40 
いつもながら出発はこんな時間になっちゃいました~(^^ゞ
この時刻に歩きだす人はいませ~ん 



暗い林道をてくてく歩いて行くと・・・
この時期多くの車が行き交っているようで 
圧雪された林道は、4WD車でなくとも通行に支障はないみたいでした。

あ~これだったらプリウスでも通れたじゃ~ん(T_T) 







18:20
美濃戸山荘前でちょっと休憩した後

 
美濃戸
18:30 
さて、いつもながらのこの看板前に到着

今回は赤岳方面が目的ではないので
赤岳鉱泉のある北沢へ進みま~す





 鉱泉
ここで痛恨のミス発覚!

大抵、夜間の記録用に撮るこんな感じ写真は、コンデジなんですが
どうやらバッテリーの充電を怠っていたため
この先の撮影ができずじまい・・・

ま~仕方ないか~



さて暗い夜中ではありますが
雪があるおかげで
ライトに照らされると周囲は、とっても明るく
無雪期と違ってたいへん歩きやすいです!


それにトレースバッチリで
迷うこともありません♪




ただ少し焦っていたことがありました。
それは出発が遅かったので
既に冬の主役(星座)たちが上空に昇り始めていたこと・・・




 
赤岳鉱泉
20:05   通年営業している赤岳鉱泉に到着
 


せっかくなんでここでしばし撮影タイム
テント場は就寝中みたいなんで
音をたてないように静かに歩きたいところですが
雪を踏みしめる音が響きとっても気を遣いました。。。。


それに同じように夜間撮影している方もいたので
思うようには撮れず・・・
ここはいち早く退散






20:35
赤岳鉱泉を出発し
今回の目的地でもある硫黄岳を目指します!






この時期の登山道は
入山者も多くトレースもしっかり付いているし
夜間行動しても問題ありませ~ん!






そんなんで
アイゼンを着けるタイミングを失い
結局ノーアイゼンのまま赤岩の頭まで登ってしまいました~






 
赤岳
実は今回狙っていた被写体は
この硫黄岳から昇ってくる冬の星座たち

けれど出発が遅かったため
時すでに遅く
オリオン座は上の方・・・
 

っていうかこの山並みから大きく右へ移動してました(*_*;




しかも条件はさらに悪くなり
上空には薄雲が広がってくるではないですか~!

おまけに遠い空には稲光が見えるし・・・

さすがに周囲を雲で覆われてしまうと不安にもなるし
稜線にいるため落雷の危険を感じたので
一旦下って避難する一コマも・・・^_^;



けれどここで立ち去るのはとっても勿体ない話なので
暫く空模様とニラメッコ(+o+)


すると幾らか回復してきたので
再び赤岩の頭へ移動




それに折角ですから
硫黄岳のピークを目指して歩きました。






 
岩 
その途中、印象的な岩の前で撮影したりして

山頂に到着したのは
日付も変わり1/3の0時を過ぎてました~!

しかも山頂までアイゼン着けずに登れちゃいました~




さて、折角の山頂ですから
ここで撮影しないわけにはいきません。


そこでカメラをセットしたところ
再び雲行きが怪しい・・・


折角の山頂なのに周囲をガスに巻かれ
星の撮影どころではありません。。。 

 
それにカメラ+レンズも表面が凍って真っ白になるし・・・

さて、どうしたことか
このまま撤退すべきか??










しばらく考えましたが
あっそうだこの山頂には確か小屋があったはず!

小さな小屋 
昨シーズンココに来た時に撮っておいたこの写真
まさかこの記事を書くのに役立つなんて・・・(^_^;)


入口の雪を掻き出せば
入れないことはありません。
何とか中に入ってみると驚くなかれ
外は気温-17℃だけど中は何と-5℃!

入口は、開いたままですが 
中はとっても快適!!


おかけでぬくぬくと過ごせました♪



天候の回復を待つこと1時間
ラジオを聴きながら冷え切ったお菓子を食べたり
ポットに入れてきたホットコーヒーを飲んだりしてうつらうつらしながら
時々外の様子を確認しながら
小さな小屋の中で過ごしました~



徐々に空の様子も安定して来たみたいなので
出てみることに。


山並
上の方は晴れてきたけど
低く垂れこめた雲がジャマだな~






 ひかり
入笠山でしょうか。
スキー場の明かりが眩しすぎます!






 爆裂火口
 硫黄岳と言えば名物?爆裂火口

セッピを踏まないよう用心しながらギリギリの所からの撮影

けれどこの後、右から流れたきたガスで撮影は中止

山の撮影はムズカシです・・・








小屋 
昇っていたオリオンも沈む時間になってきました~
 
いろんなアングルから撮影したけど
ワンパターンな構図だと新鮮味がありませんね。






その後、再び小屋の中に戻って今後の予定を考えましたが・・・

このまま明け方前まで待ってから横岳経由で朝焼けの赤岳を目指すべきか・・・

けれど暗がりの中、あの奥の院のハシゴやクサリ場は通過するのは気が引けるし・・・


いろんなことを考えながら
腹ごしらえにカップ麺を作って食べてから
結局、帰りの高速Uターン渋滞も嫌だったので
そのまま下山することにしちゃいました~
 





午前4時半に硫黄岳山頂を出発し
駐車場のある美濃戸口には7時に着いてましたね。
 
雪山でも条件が良いと結構早く下山できるのを実感いたしました(*^^)v 







ただ心残りはド・快晴の中
青空に映える八ヶ岳や遠方に見える北アルプスの絶景を背にして
そのまま帰らなければならなかったのは
チトザンネン無念だったかなぁ~(T_T) 

 






にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ 
今年もヨロシク~(^O^)/
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。