スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
モンベル・フレンドフェア
2012 / 09 / 25 ( Tue )
この記事はブロとものみ閲覧できます
その他 | page top↑
白川郷・観光♪
2012 / 05 / 09 ( Wed )
ご無沙汰しております<(_ _)>

あまりにも長くお休みしていたのでご心配お掛けしたかもしれませんが
いたって元気にしております
特に何があったわけではありませんが
気がついたらズルズルと時が流れ
更新するタイミングを完全に逸してしまったようで
一か月以上ブログ放置・・・^^; 
 


2012/4/28

さて今年のGWは、義母の実家のある福井へ行くことになりまして~
5年ぶりの訪問となりました!


今回は高速道の渋滞を回避すべく
午前3時には家を出発し、内心新たに開通した第二東名でも走ってみたいそんな欲求は抑えつつ
無難ながら北陸道周りでの移動となりました。

で、その途中どこかに観光でも~ということで
 砺波のチューリップ公園でもと思ったけれど
チューリップそのものはどこでも咲いてるし~ということになり
自分だけ、まだ行ったことのなかった
あの世界文化遺産に登録され今や国内有名観光地となった
白川郷に立ち寄ったわけです


これから

白川郷に着いたのは午前9時。

早出の甲斐もあって意外とすんなりでした。
それに時間的にも早かったようで
観光客もまばら。







 背後には 
 
駐車場近辺からしてそれなりの家が立ち並んでいるわけですが
症川に架かるであい橋を渡るとさらに合掌造りの家が立ち並ぶ集落となります。
けれどなぜか気になったものがあるんですが・・・
それは背後に見えた^^;




さくら

丁度桜が満開でして、考えてみれば平地では既に葉桜状態なので
ここがいかに標高の高いエリアであるかをが分かります。






 まったり 
しっかし、 よくぞここまで保存さているな~と感心しました。 

 自分が子供のころ、近所の友達の家が茅葺屋根の農家の家で
もうその当時としても珍しかったわけですが
中に入ると夏はひんやりしていて
冬は暖かな感じがしました。
 
その数年後にはその家も取り壊されて
ごく普通の家に建て替えられてしまいましたが
今ではかなり珍しくたいへん貴重なんですよね。









さくらと 

それに父親の実家は古くからの農家でしたから
家の中には茅葺屋根の家があった当時の様子を油絵に描いたものを飾ってあったりして
それは今でも印象的でした。





いろいろ 
今から半世紀前だったら何も珍しいものではなかったのかもしれませんが
こうやって今でも保存されているのは、とっても貴重なものだと思いました。





 のどか
 
日本古来の木造住宅ってこれは場所にもよりますが
どちらかというと夏を快適に過ごせるような造りになっていると聞いたことがあります。
建築についてはあまり詳しくはありませんが
ここの場合、冬は豪雪地帯なので
どちらかというと冬場を乗り切ることを重視した造りのようです。




いろり 
見学できる家もあったので中に入ってみましたが
黒光りした柱や戸板のせいでしょうか
どちらかというと家の内部はとても暗い感じはしますが
間取りも広く居心地の良さを感じました。






展示物

階段を上がり二階、三階へと進むと
そこはこの土地で使われていた様々な農機具や生活道具が展示されてました。




 品々
 
特別な説明書きがあるわけではなく雑然と陳列されているだけの空間ではありますが
そこは博物館的ではないごく自然のまんまで
逆にしつこくない所が好感もてました。




かんじき 
そんな中、気になった道具がこちら↑
かんじき
雪の上を快適に歩く道具で
今でいうスノーシュー(*^_^*)






外に出て 

見学した家を出るとそこら中に流れる水路。

子供たちにとっては普段目にすることのない光景のせいか
妙に気になるご様子(^_^メ)














 散歩
 
特にどこを回るか決めずにてくてくお散歩でした







水路 


途中こんなところを歩いたり・・・(^_^.)







それでも観光案内所で入手した地図を頼りに
次の目的地、展望台へ向かうことにしました~




 
坂道 
展望台ですから
当然山の上の方へ上がらにゃ~いけません

坂道をゆっくり歩き続けると






俯瞰 


白川郷集落が一望です♪




 
アップ 
道路やら駐車している車やら見えますが
関係者以外侵入できないのでこの界隈
基本的には徒歩での移動がメインでしたね。








展望

ただここまで上がれるシャトルバスも運行されているようでしたが
結局帰りも歩いて下りました~





 
展望 

そうそうここから見える桜と一緒に記念撮影したりしましたが
徐々に観光客も増えてきたりして
撮影も順番待ちでした(^_^)








普通の家

展望台から下ってからものんびりお散歩コースをてくてく歩きました~









 
興味津々 

相変わらず何かに夢中の子供たち






花

桜の花が方々に咲いていてとても絵になる光景でした





 
通り 
お昼にはちょっと早いけどきっとこの後
混雑することが予想されるので
この通り沿いのお店で昼食をとってから戻ることにしました。








こいのぼり 

日本の原風景ともいえる
どこかタイムスリップしたかのような不思議な場所







 
こい 

水路には鯉が静かに泳いでいたりして
心和む場所でした






駐車場
 
駐車場に戻るとそこは満車状態でして
空きを待つ車の列ができておりました。

さすがはGW。

人も大賑わいといったところでしたね(*^。^*)
 






ということで白川郷観光はこれでお終い。



その後は福井へ向けての移動となりました~











つづく






 
連休中、不安定な天候でしたけど
今日も突然の雷雨や雹には注意です!!









その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CP+ 2012
2012 / 02 / 19 ( Sun )

閉幕してから一週間が経ちましたが・・・
ここ最近、毎年訪れているCP+


今年は初日2/9に行って参りました~(^^♪ 




 キャノンのブース
とりあえず一番初めはキヤノンブース♪



キャノンのレンズ 
特に気になったのはこのレンズ
EF24-70mm F2.8L II USM


で、実際に感触などを確かめてきました~
 
従来品に比べて1枚増えて9枚羽根の円形絞りになったことで
より円形に近いボケができるようです。

そしてこのレンズはインナーズームではなく
前玉が伸びるタイプなため自重でズームが動かないよう
ワイド端限定ですがズームリンクグロップレバーでロックできます。

ほんの少しでだけでしたけど触った感想としては
全長が短くなったこともあり大きさも程よいものですし幾分軽くなりました。

しっくり手になじむグリップはとても扱いやすいものだと感じましたね。
ただ当日レンズフードがなかったので実際に装着した時の状態が確かめられませんでした。

ん~かなり物欲をそそられました~ 




ただタムロンから発表のあった


タムロン




手ぶれ補正の効くこのレンズも気になるところです!








 1DX.jpg 
で今回のキヤノンの目玉はコレでしたね~
EOS-1D X

プロ機ながらも画素数を1810万に落としつつ
その他の機能を強化したようです。

ただ自分としてはEOS 5D Mark II の後続機がお目当てでしたから
今回は何の発表もなくちょっとガッカリ・・・(*_*) 

 
*とはいってもここ最近、今月末もしくは3月~4月くらいには
何らかの発表があるのでは~と
いろいろ噂が絶えませんが・・・





G1X.jpg 

それからPowerShot G1 Xもいじってきました~
図体がでかくてちょっと重いのかと思えば
実際はそうでもありませんでした。

センサーが大きくなった関係でこの大きさになったようですが
ただちょっと中途半端なサイズでしたね。

できればミラーレスを出してほしいな~ 





その他に新しいプロ仕様のプリンターPIXUS PRO-1とか見ましたが
インクカートリッジの容量も大きく、本体も役27.7kgとかなりの重量級。  

 













どちらかというと今回の盛り上がり度では
印象としてキヤノンよりも




 トーク
ニコンの方に軍配が上がっていたようでしたね。

講師による説明に食い入るように聞き入っている人だかりを見ても
熱気を感じたのは言うまでもありませ~ん(*^_^*) 




   



 



D4.jpg

これまたプロ機ではありますが

自分としては

 

D800.jpg 

D800

こっちの方がたいへん気になりました~!



だってセンサーの画素数が3630万画素

D700の1210万画素からいきなりの3倍アップ


高画素数信奉者ではありませんが
風景撮りの自分にとっては
とっても魅力的な性能だと思うのですが・・・





家に帰ってからカタログを見たけど

チョッピリ心が揺れました(^_^メ) 












揺れているといえば

気になるカメラがあるんですよね~





   それは何かというと
 



ソニー 
SONYα NEX-7

欲しい衝動を抑えていますが

もうしばらくCanonの動向を伺ってからですかね~







モデル

ここでは自由に撮り放題でしたけど
ちょっと異様な雰囲気を醸し出してました~(*^_^*)








それから特に気になったところへフラフラしながら・・・


  
  



 



ビクセン

ビクセンのブースへ~










かわいい


星空雲台ポラリエ

これは特別なカラーリングでしたけど
他にもカラフルにデコレーションしたステキなものが展示されてましたね~






こちらでは

そうそう実は昨年12月
発売間もないこれが急に欲しくなってネットで探していたら
最安値で売られていたAmazonでポチっとしちゃったわけなんですが
でも在庫がなくて入荷が数週間待ち状態でした。
 出荷予定は年明けかも~というくらいな感じで
かなり待たされていたわけで・・・


けれど待っている間いろいろと調べてみると
この赤道儀、ポータブルゆえ何かと使いづらい点とかが見えてきたりして
結局、注文は途中でキャンセルしちゃいました。






 こんな感じで 
 
キャンセルした理由は、搭載可能重量が雲台を含めて約2kgだということ。
自分のカメラ(EOS 5D Mark II)とレンズと雲台を合わせたら
 レンズにもよりますが
ちょっと重いレンズを装着したり
カメラを縦にした場合それに見合った雲台とかを用意した場合
完全に2キロは超えるところがネックになったわけなんですよね~

でも↑の展示されていたやつだと総重量は5キロもあるそうな。

さらにビクセンの方に聞いてみたら公表はしていないそうですが
その位は大丈夫だそうです。

ただしその場合バランサーが必要とのこと。
 
それがないと回転のバランスが悪くなるので
どうしても必要だとか。






いろいろ 

その他、まだ試作段階らしいですがポラリエに装着できるオプション類が
いろいろと展示されていました~

注文をキャンセルしてしまったものですが
この先の可能性を感じたりもしたのでした。






 これは便利 
 特にホットシューに取り付けられるこれが優れものでして
今回の展示に間に合うように
成形品ではない削り出しの製品サンプルが展示されてました。

これがあれば極軸合わせを素早くできるようになるとのことで
ポラリエ付属の傾斜計や別売りの極軸望遠鏡を使うよりも
とても便利なものだと思いましたね~
 


今年の金環日食前には発売したいと言っていましたよ!








とま~いろいろと使い勝手の向上が図られそうなポラリエでしたけど

それよりも気になったポータブル赤道儀といえば

以前からあるものですが

今気になってるのがコチラのTOAST-Proですかね~  
↓ ↓ ↓

赤ポタ 
これだと搭載重量はさほど気にせず使えるし

何よりもポラリエみたいにカメラを縦にした場合の干渉もないですし~







望遠

いろんな可能性も見えてきたので
とっても欲しくなりました~ (^_^;)













コンパクト

その他、別の場所でしたけど
こんな赤道儀も展示されてましたね





でもよく考えたら







これってあっても本当に使いこなせるのか
いや使ったとしても思い通りの絵を撮れるのだろうか?
 



その辺がとっても気がかりだったりします。。。















その他、写真なんかも展示されてましたけど




ずらり

唯一じっくり見たのはこれだけでした
(時間もなかったし・・・)



 展示  
   先回に続きuttiさんの作品が展示されてました!

ホント素晴らしい作品でしたね~ 







簡単ですけど今回の展示会で気になったところのご紹介した~(*^。^*)



   


 

 
 

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新たな登山道具
2012 / 02 / 13 ( Mon )
この週末、久しぶりに雪山へでも~と思っていたら・・・
木曜日、またまた娘が体調を崩し病院へ~
そしたらインフルエンザかも~といった実に曖昧な診断が下りまして
学校としてもインフルの場合ハッキリとした診断が出ないと
学校に行くことができないらしく
結局、土曜日は検査のためだけに病院へ行くことになったわけです。
この時点で山行は中止(+_+)
そして土曜日の当日になって気づきました。
2月11日って祝日だったのですね・・・
しかも病院はお休み。。。
だったら山へ行けたじゃ~ん(T_T)
 でも時刻は既に午前8時半。
ん~今から出かけたとしても・・・
涙を呑んで諦めることに~(>_<)



*****************************

さて話は変わりますが、この冬は、気合(?)が入っておりまして
冬山装備を充実すべく
今までに揃えたことのない登山用品の購入に力を注ぎました~(^_^)




















それは一年越しで検討を重ねたモノで

この度購入した品はコチラ
↓ ↓ ↓



寝袋 
ISKA  Puff810
イスカ パフ810 


商品説明によると・・・


3000m級の冬山縦走で積極的な軽量化を要求される方々におすすめします。
15デニ-ルのゴアウィンドストッパ-と810gのホワイトグ-スダウンが保温性と透湿性、
そして軽量化を高レベルで実現しています。

■参考使用温度:-27℃
■生地:表/ナイロン100%(ゴアウィンドストッパ-)・裏/ナイロン100%
■羽毛量:810g(90/10 800フィルパワ-)
■最大長:85(肩幅)×214(全長)cm
■収納サイズ:φ22×46cm
■カラ-:ネイビ-ブル-
■平均重量:1,400g



-27℃まで使用ってどこに行くんじゃ~と言われそうですが
寒いのが苦手なんで
ここはオーバースペックとは知りつつとりあえずもしもの保険にもなるかなと思ったのと
それに冬の車中泊にでも使えるかも~ということでこれを選びました。

しかし特に今回一番の決め手になったのは、このシュラフ
生地にゴアウィンドストッパ-が使われていることでした!
これがあればシュラフカバーが要らないらしいので
多少は荷物の軽量化に繋がると考えたわけです。 









が 









 横から見ると
 
問題はこの大きき

全長45cmもありまして

ザックに入れるとかなりの容積を食います((+_+))











そこで
 














もっと小さく 
ウルトラライト コンプレッションバッグ Lを購入













実際に使ってみました 









 
使ってみた 

全長にして34.5cmくらいになりまして幾らか縮まりました~(*^。^*)











それから冬季は、とりわけ足元が冷えるらしいとのことで

















テントシューズ

テントシューズも購入


その中身はというと





 
像足 

こんな感じです

通称象足といわれるだけあって
一見不格好な形ですが・・・
 

試しに部屋で履いてみたら
これが意外と温かい!
山だけで使うにはもったいないので
普段家でも使えるかも~(*^。^*)










以上が買い揃えた登山装備ではありますが
実はこれらは全て冬季避難小屋で使うためのものでして
 寒風の冬山キャンプは想定しておりません。

















ところが何を血迷ったか
 






こんなもんまで買ってしまったのでした・・・












テント 
エスパース・ソロ-X

このテントの特徴としては・・・

1人用テントとして、徹底した軽量、コンパクト化を図ったシリーズ最小のエスパース。
新開発、フルコネクテッドポールスリーブの採用により1人でも設営が簡単でスピーディなソロシリーズ。
ソロXはテントパネルに高機能・防水透湿素材、X-TREKファブリクスを採用。
フライシート不要の悪天候下でも設営がスピーディーなシングルウォールテントです。

■重量:1.39kg(乾燥時平均)
■サイズ:間口210×奥行き100×高さ105cm(内寸高100cm)
■生地:本体/30Dナイロンリップストップ・X-TREKファブリクス、超撥水加工
グランドシート/40Dナイロンタフタ、ウレタン防水加工
■ポール:アルミ合金中空ポール(7001-T6)直径8.5mm
■カラー:本体/グリーン グランドシート(バスタブ式)/グリーングレイ
■セット内容:ント本体、ポールセット、予備バラポール1本、収納袋、自在付き張り綱4本、ペグ8本、取り扱い説明書


だそうです。








これを決めるまで
冬に特化したエスパース・ソロ ウインター(内張り付)
どちらにしようか最後まで迷いましたが
冬だけ使うために専用テントを買うのはもったいないな~と思い
結局オールシーズン用テントにしちゃいました!







けれどこのテント、冬季使用だと
出入口のファスナーが凍結の恐れがあるとのことで








 
オプション 
デュオX・ソロX共通 ゴアテックス用吹き流し入り口 
も購入~

こんなものを買い足さないといけないなら
素直にウィンターモデルにしとけっ
と突っ込まれそうですが
ま~いざというときには必要なものだから~と
自分を納得させました~^_^;













それから、今まで使っていたテントマットだと
背中からくる冷気が厳しいとのことで




















マット 


サーマレスト・リッジレスト ソーラー
を購入♪

今まではこの手のマットって嵩張るしザックの外にパッキングしないといけないしでジャマに思えたので
どちらかといえば敬遠してきたタイプ。

なのでこれまで自動吸引式のエアーマットをメインに使用してきましたが
寒さが苦手な自分としては
背に腹は代えられないということで
取り敢えず購入に踏み切りました~ 



事前に実物を山ショップでチェックしていましたが
ネットで注文し家に届いてからよく見たら
意外にデカくて閉口してしまいました~

さすがにこれじゃ~ザックの中には仕舞えないよなぁ~(^_^.)















 
スコップ 
あとそれからこんなものや






ストック
 
こんなものまで

いろいろ揃えましたが







問題は、これらを実際に使える日が来るのだろうか?



ただそれだけが気がかりであります~




手袋 
あとそれからアウトドアショップ等でお目にかかるようになった
スマホ用のグローブなんですが
ノースのこれだどそれなりのお値段なんですね


ところが先日コストコへ行った時
こんなものを発見してしまいました~!
↓ ↓ ↓

 こっちの方が

これもスマホ用のグローブで機能的にはノースのやつと何ら変わらないと思いますが
何とお値段896円でした~ 
  驚きの安さでつい思わず手が伸びてしまいました~(^◇^)








とま~この冬、実際に使うか使わないかよく分からない物まで奮発してしまったわけですが
(全て紹介してませんが細々としたものが多数ありますが・・・)
これもすべて今使っているカメラ(CanonEOS 5D Mark II)の後続機が
中々発表されないことからきているのですよね~

 あ~おかげで新しいカメラの購入資金を食いつぶしてしまったではないか・・・
トホホ・・・・((+_+))










 
来週末こそは・・・
その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
もう一つの山と、それから海へ
2011 / 10 / 30 ( Sun )
どうも最近、いろいろと忙しいせいか
書きたいことは沢山あるんだけど
PCに向かっている時間がなくって
ブログの方もすっかりサボり気味・・・^_^;

というわけで先日書いた記事の続きで~す
津波海岸


栗駒山を登り終えた後
息子のリクエストであった温泉に行こうかと思ったけれど
時間的にまだ早いし、どうしようかということになりまして
結局、今度は娘のリクエストに応えることにしました~
 
それは、山ではなく
のある場所へ行きた~い♪
とのことだったので
ちょっいと調べたら
帰りがてら寄れそうな一番近い海は
松島
ということになりまして
そこでイッキに高速を使って移動開始~







以前、何かで聞いた話では松島辺りは津波の被害は小さかったということで
ニュース等で見ていたあの光景は避けられるかと思っていたら・・・

どひゃ~奥松島方面へクルマを走らせていたら
初めて見た津波の被害状況に
唖然

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


初めて見る光景に言葉を失いました・・・ 

これをどう表現したらいいのか
分かりません。。。


そんな車窓の風景を眺めていた子供たちの反応を見てみると
ん~分かったような分からないような・・・(@_@;)
なにかな

それから、これは津波によるものなのでしょうか?
舗装道路が消失してしまったのか砂利道の続く場所を
通りつつ変わり果てた周囲の景色に
驚きの連続・・・ 




そんな中、よく分からないまま車を走らせていたら
何となく目に入った場所がありまして
路肩に車を駐車し

 

登山口 
この場所を登ってみることに・・・(^_^)






 階段 
さて栗駒山に続いて
この日、二度目の登山?



 



こんな道を
何かの遺構かと思えるような道を進みつつ




 
あと10分 
山頂まであと10分という近さ(^_^.)




整備された道
それなりによく整備された道なんで
辛くはありません



 
もうすぐだ
どうやらあれが山頂みたい



 

山頂

ほ~展望台があるんですね 


宮古島にある大高森、標高105.8mの山頂に到着~



 
松島 
そして、これがその山頂から見えた松島の風景~♪




被災地
でもその反対側である東側方向は
東松島市の海岸線。
 
津波の被害が痛々しかったです((+_+))








 
栗駒山 
そしてほんの数時間前に登った栗駒山が
ここから見えました~
 





なんであれが栗駒山だと分かったか言いますと




展望台 
実は、こちらの眺望案内でそのこを知りました~(^_^;)




 
地図

松島の内側は津波の被害は軽微だと、どこかで聞いていたのですが
でも外海に面している場所は
それなりに甚大な被害を被っていることは明白でして
 


方位盤

自分たちの認識不足を痛感しました(>_<)





 
海岸線 
遠くから眺めていると分からない
津波の恐ろしさ
限られた時間ではありましたが
改めて3.11の震災ことを考える貴重な一時でありました




帰り道
さて、その後は下って行ったわけですが
その途中、山栗の木を発見!

子供たちは栗を探すのに夢中になり




 
収穫物

僅かばかりではありましたが
自然の産物を頂戴しました~













その後は、娘の希望に応えるべく
海岸へ向かいましたが
 


とある海岸

あまりに変わり果てた海辺は
どことなく寂しげでありました・・・




 
きれいだ
白砂のたいへんキレイな海岸を歩きながらの貝拾い

 


石投げ
山とは違う海辺の景色は
これまた違った安らぎを感じます



 
貝拾い 
ただ、その先の場所では地元の方たちでしょうか。
海辺に打ち寄せられた残骸を集めては焼却中でありました
 





爪痕

これも地震の影響でしょうか
それとも津波のせい?
かなりデカい岩が転がっておりました~



 
岩 
何もなければとっても静かできれいな
海岸なんですが



ピース 
子供のリクエストがなければ来なかったであろうこの場所は
何となくまだ近づいてはいけない
そんな場所に思えてなりませんでした・・・ 







 
津波被害 
だってこんな光景を見てしまうと
とっても心苦しくて・・・
 




帰りましょう 
元々どんな集落があったのか
想像すらできないんですから
観光気分で訪れている自分たちって・・・






 
なにもなく 
ここに来て本当に良かったのか
ちょっと考えてしまいました。







その後、別の海岸に移動したら
そこには大勢のボランティアの方たちが
海岸のがれき拾いをしていたり
道路際の花壇を整備されていたりと
 これまたとっても場違いな所に飛び込んできたようで
ここにいること自体居たたまれなくなってしまい
結局、車から降りず 
来た道を戻ることに・・・



 
ここにも 
こんな光景は、この場所に限らず
周辺地域の海岸線に沿って
津波の痕跡を垣間見れる状態が広がっていることは
容易に想像できましたが
今回は時間の関係でそう遠くまでは足を延ばすことはできませんでした。


 
それにしても山を登ってからの爽快感と大きく違い
何ともやるせないこの気持ちは
 いったい何なんだろう?
それに今後、自分はこの件でいったい何ができるのだろうか?
真剣に考える良い切っ掛けにはなりました。


  






 



















この日のレポはこれでおしまい
(#^.^#)








人気ブログランキングへ



その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
できれば、こんな物は使いたくなかった・・・
2011 / 07 / 29 ( Fri )
先日、久しぶりにアップした記事を見ていたら・・・

掲載した写真に汚れがあることに気づきまして

パッと見ほとんど気にならない程度ではあるんですが

何分、気になりだすと気が済まない性分のため

先日、カメラのセンサークリーニングへ
いつもの銀座・サービスセンターへ行って参りました~

あ、因みに汚れっていのはココです
(この程度なんで自分で掃除できそうですが・・・しかし未だ上手に汚れがとれたためしがありません)
↓ ↓ ↓

汚れ

お昼前の空いている時間帯ということもあり
依頼手続きは直ぐに終わり

時間もあるので
ショールームでレンズをリクエストして使用感を確かめたり
最近、発表されたばかりのコンデジを触ったりして

更にその奥にあるキヤノンギャラリーでは
いつものように写真展が開かれていました~ 

ギャラリー 
かなり昔の話ではありますが
岩橋さんの写真集を買ったことがありまして
これはいい機会だった思い、じっくり拝見することに~ ♪


いや~山の写真って、本で見るよりか
拡大したプリントの方が迫力ありますね!


実際、山の景色をいつも目にしている方ですと
特に珍しい風景っていうわけではありませんが
山をよく知らない人が見れば
驚きや発見なんかがあって
こういったものに触れることで
清涼感というかイイ刺激になるのではないかと思いました。


ところで岩橋さんって実際に拝見したことがなくって
この人なのかな~と思って話しかけた方がいたのですが
別人でした。。。(^_^;)


当のご本人は
入口近くの受付に座っていたので全然分かりませんでした~
 
恥ずかしい思いをしつつ
折角なんで写真集を一冊買い求めさせていただいて
失礼いたしました~^_^; 















それから話は変わりますが

先日、こんな物を買ってしまいました~


















 外観
 
一体型放射線検出器・線量計 GammaRAE II R


実は、原発事故以来とっても気になっていた放射能汚染・・・

福島第一原発のあの大事故は世界に衝撃を与え
今尚、大量に放出された放射性物質は
およそ200㎞離れている現住所においても、それなりの放射線量が
地元&周辺自治体から発表されている関係で、とってもとっても気になっておりました。
 
普段何気に暮らしている者としては気が気ではないない状況ゆえ
 自分でもどのくらいの放射線があるのか実際に調べてみたい衝動に駆れていまして
 しばらく買うのを我慢していたのですが・・・





とうとう買ってしまいました~















中身 
アメリカのメーカーらしいのですが
製造は中国のようです。









 ボディ
室内での計測だとこのような数値ですが

外に出るとこれが0.18とか
排水溝近くで計測すると0.3くらいまで上昇するので
場所によっては高いことが分かりました。


しばらくはこれを持ち歩いて
いろんな場所で計測したいと考えております

特に山間部なんかでも計ってみようかな~









それにしてもこの測定機




パソコン 

自分専用でTV視聴用に使っていたパソコンが
この度のアナログ放送終了ということで
急遽買った地デジ対応のパソコン。


今回、購入した放射線測定器のお値段は
それよりもよりもさらに高いとは・・・((+_+))



恐るべし
放射線測定機!!!



















それから、この放射線計測機が届いた正にその同じ日の晩のニュースを見ていたら

な、なんと国内製の測定機が新しく発売されるというではないですか! 










   
 
エアーカウンター 

消臭剤なんかで有名なエステーから出る家庭用放射線測定器
「エアカウンター」
2011年10月20日から、関東、東北を中心としたドラッグストア、ホームセンター
またインターネット通販などで発売されるそうです。

特筆すべきはこのお値段!

希望小売価格は、税込み15,750円
*詳しくは↑の画像をクリック








因みにこの度、購入した測定器のお値段は
エアカウンターの約8倍以上もしたのに・・・(T_T)
ショップによっては10倍、15倍・・・





できればこんな物を手にはしたくなかった

というお話でした(*_*;





人気ブログランキングへ

その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
久しぶりの更新です(*^^)v
2010 / 12 / 31 ( Fri )
皆さん、お久しぶりです~


気が付けば2010年も残すところあと少し・・・

今、紅白歌合戦を見ながらPCに向かってます(^_^;)





一年を振り返ってみると
実にいろいろありました。



ひょうきん 
年初めに登った(車でズルしましたが)浜石岳











星と樹氷 
樹氷と星の写真が撮りたくて登った西吾妻山










さくらの里
夜中の妙義山と桜の花








★  
徹夜して過ごした那須岳








 グルグル
定番の富士山









下山
息子と二人で登った竜ヶ岳









 


尾瀬沼
夜間登山で登った尾瀬の燧ケ岳


  





 


いえいー
GWに遠征した奈良の大峰山


 





見上げてごらん
これまた夜中に登った
燕岳

 







大三角
危険を感じながらも
夜間歩いた白馬大雪渓




 


晴れ 
快晴の白馬岳からの大展望









記念に
いろいろあったけど何とか歩き通せた白馬岳




 



ペルセウス座流星群 合成
台風一過とはならず
苦戦を強いられたペルセウス座流星群
(浅間山にて)


 





冬のダイヤモンド
これまた夜間登山となった八ヶ岳は阿弥陀岳から見た赤岳







 
ダメダメ
槍ヶ岳を見たくて日没まで過ごした天狗池

 







ドーム 
夜中に登ってみた車山







ホタカ
その翌日、登った焼岳からの穂高



  


開けた場所から
紅葉のピークを過ぎていた安達太良山



 

再び
夜中にウロウロした那須岳

 





しし座のころ 
ブログで紹介していませんが
竜ヶ岳から見た星々
しし座流星群を狙ってみたけど
天気も悪くイマイチでした。。。





 
浅間山
小浅間山から見た浅間山

そのまま帰宅してから向かった

 
写真展
中川達夫氏の写真展






 
ふたご座 
星の見える場所まで遠征できなかったので
近場のとある公園で撮ったふたご座流星群




こうやって振り返ってみると
昼間より
夜、歩いている方が多いかも・・・(^^ゞ












ところでブログの方なんですが
年末にかけて全然更新できずに
時間ばかり経過してしまいました。

11月は子供が風邪をひいたのをキッカケに
なぜか家族の中で順番に風邪にかかったりしてて・・・
しかも治ったかと思ったら再び風邪引いたりして。。。



その他、何かと忙しかったこともあり
も~ブログ放置状態でした(*^_^*)

でも、そんな中、星の撮影だけは欠かさず出かけてはいたのですがね(*^^)





この年末年始の休暇は天気次第ではありますが
とごかの雪山にでもと思っているんですが
天気があまり良くありませんね~







それでは皆さんにとって
2011年が良い年でありますよようにっ!


その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
お久しぶりです(⌒・⌒)ゞ
2010 / 04 / 24 ( Sat )
どうもお久しぶりで~す。

更新しない期間が長く続いているのに
特に焦りを感じることもなく
ブログに拘らない生活っていうのも
意外とあっさり受け入れられもんなんですね(笑)
夜桜
続きを読む
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
写真映像関連イベント「CP+ 2010」
2010 / 03 / 17 ( Wed )

先週末は、パシフィコ横浜で開幕されていた写真映像関連イベント「CP+ 2010」へ行ってきました~人ごみ

続きを読む
その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
スキー場で雪遊び♪
2010 / 02 / 22 ( Mon )

今年もスギ花粉の季節が到来したようですね。 
時々見かける杉の木には茶褐色の杉の花が確認できます~
あ~これからのことを考えるととっても憂鬱です。。。

さて季節の変わり目も近い今日この頃ではありますが
今回は、丁度三週間ほど前に
自分の両親と弟家族と出かけたスキー旅行について書きますね。
ホテル 

続きを読む
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。