スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
2012年-ふたご座流星群
2012 / 12 / 17 ( Mon )
この記事はブロとものみ閲覧できます
| page top↑
★静かな夏の白馬岳(5)★
2012 / 08 / 28 ( Tue )
この記事はブロとものみ閲覧できます
| page top↑
☆久しぶり星空☆
2011 / 11 / 07 ( Mon )
2011/10/8   
 
家族揃っての登山へ向かうべく家を出たのは
前日の夜中

夜中に出発したのには訳がありまして・・・



そう、久しぶりに星空を撮りたい!!

ただそれだけのために車を走らせて
向かった先は









草津白根山
 





車で行けて、それなりの星の見える高所というと
実は、ここは打って付けの場所なんです。
 
以前そんなことは全然知らなかったときに
それまでの登山経験から導き出した最適な場所の一つがココだったのですが
 実際行ってみたら素晴らしい星空で出会えて
それ依頼、条件が良ければお手軽立ち寄りスポットなんです。


 
振り返ってみると今年の夏は天候不順のせいで
星の撮影には殆ど出撃することなく
悶々とした日々を過ごしていたわけなんですよね。











で、実際に行ってみると
も~あまりに久しぶりの撮影なんで
星景写真の撮り方を忘れかけておりました~(^_^;)




さて、いつもの駐車場についてみると
なぜか普段よりか車の数が多い・・・

なぜだろうか?


しかも時刻は午前1時半を過ぎているし・・・

以前来た時なんかは
誰もいなかったのに
今日はいったいどうしてなのか????



あとで気づきましたが
この日は流星群が見れる日だったんですね。
どうりで人が多いわけだ~(^^ゞ




それにしても外の寒いことといったら
下界の暖かさに慣れきったこの体には
この寒さは堪えます。。。

車載の外気温計は、0℃だし・・・

とにかく持参した服を
着込んでから外に出てみると
ガスがかかって星が見えない・・・


とりあえず通りを挟んだ反対側にある弓池に行ってみると
辺りはガスで包まれているし・・・


そんな中粘っていると
流れるガスの隙間から
満天の星が見えるではないですか~!

も~久しぶりの星空に感激~♪







星空
流れる雲を避けつつ
とりあえず定番構図で撮りました~

チョー久しぶりの撮影のため
うっかりソフトフィルターを持ってくるのを忘れておりました。。。

けれどcokinの角型フィルターがあったので
手で持ちながらレンズにかざしての撮影を試みてみました~

一応星だけにフィルターがかかるようにしたのですが
何とか上手くいったでしょうか~

でも失敗も多く歩留まりは
半々でしたね・・・(*^_^*)



 弓池にて 
 星景写真定番レンズEF24mm F1.4L II USMから
 最近出番のなかったニコンのAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDに交換

けれどなぜかピントが合わない・・・なぜ???

あっキヤノンとニコンだとピントリングの回し方が逆だった~(^^ゞ


そんな単純なことさえ忘れている自分に情けなくなりましたが
回数を重ねるごとに感覚が蘇ってきたような・・・(=^・^=)




木道 

同じような構図ばかりだと飽きてきたので
近辺を散策~


けど何となくロケーション的に
満足できませんでしたね。(^_^;)
 


本来なら時間に余裕があれば
もっと奥地へ足を進めたいところでしたが
家族が一緒だったのであきらめました。。。




 
渋峠にて 
それでもせっかく来たのだから
渋峠へ向かってみたけれど
なんじゃこれは~と思うほどの路肩に止まった車の列・・・

有名撮影スポットではありますが
いい場所には既に三脚の陣取り合戦

全部で三脚が20~30本くらいあったかな
も~ビックリでしたね! 
 
でもその殆どは早朝からの風景撮りの方たちばかりでした。






というわけで
この夜は全然寝ていなかったので
すぐさまこの場所を離れ
本来の目的地を目指し
一旦ここを下ることに~



それにしいも鬼押出ハイウェイとか万座ハイウェイって夜間はタダなんですね~
料金徴収員が不在で料金取られませんでしたも~ん
(^^♪










人気ブログランキングへ 


にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
第17回鳥取市さじアストロパーク 星景写真コンテスト
2011 / 05 / 13 ( Fri )
本日も先回同様、写真コンテスト絡みのご紹介です^_^;


これまで各所にて撮り続けてきた星景写真ですが
折角なんでコンテストに出してみようかと思いつつ
応募の準備をしていたのに・・・日々の忙しさから
締切日が迫っていることに気づいたのは
締め切り前日の朝。
仕方ないので速達での応募でした~(^_^メ)


送った先は、第17回鳥取市さじアストロパーク 星景写真コンテスト

フォトコンという未知の世界に足を踏み入れてまだ経験浅い自分ではありますが
この度、「二席」で入賞いたしました~

自分でもオドロキ・・・



山小屋銀河
 「山小屋銀河」

【評】北アルプスの展望台とも言われる燕岳の燕山荘を前景に夏の天の川が流れ下ります。
遠景の山稜は槍ヶ岳や穂高連峰などの3000m級の山々。
南の低い場所で遠くの人工の灯火が、人の生活を知らせます。
山小屋の強い明りが人と天空を結び、静かに更けゆく天上天下の息吹を感じさせてくれます。
上の両端に、周辺減光が微かに認められますが作品の印象を弱めるものではありません。
夜空の魅力を十分に引き寄せてくれました。



そうそうこの時の状況っていうのは
過去にも書きましたが
湿った西風のせいでカメラ&レンズはビッショリ。
レンズ(フィルター)拭き拭きしながらだったけど
完全には拭きとれてなかったみたい・・・
そんなこともあり周辺減光っていうのは
そうした理由かもしれません(^^ゞ



因みにこの時、撮った別ショットは
「星ナビ」2010年10月号の星ナビギャラリーにも掲載されました。
それがコチラ
↓ ↓ ↓

さそりといるか 
「星空を見上げて!」

【評】燕山荘から山頂へ向かう尾根に見られる花崗岩による奇岩群のひとつ、イルカ岩が星を見上げる星空を切り取りました。
ブルーに発色した夜空を故郷と思い恋しがるイルカのようなシルエットが印象的です。
わずか20秒露光でとらえられた天の川銀河の輝きもすばらしく
標高2763mの北アルプス燕岳の透明な空気感と星空の美しさが伝わってくるようです。




よく見れば「山小屋銀河」の星の配置そのままで
ただ近景を変えただけなんですよね(=^・^=)














尚、今回のコンテスト入賞作品は、
鳥取市さじアストロパークにて
2011年3月12日()~5月29日()まで展示されています。


興味ある方はどうぞ~

*そういう自分、このGW期間は中四国・中国地方へと出かけたのですが
最後による予定だった鳥取行きが
途中疲れが溜まったせいで
立ち寄ることもなく帰ってきちゃいました^_^;





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村



| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
第2回 ふくしま 星・月の風景 フォトコンテスト
2011 / 05 / 09 ( Mon )
久しぶりの更新です<(_ _)>

震災以来、特に変わったことはありませんでしたが
悶々とした日々を過ごしていたわけでして・・・

いつしかGW直前となり
書きかけの記事をアップしようかと思いきや
そのまま連休に突入・・・
 連休は遠出したため
折角のブログ復帰のタイミングを完全に失い
今こうして加筆しながら再アップいたしました~(^_^;)






あれから多くの皆さんがお感じになり尚且つお考えのように
自分も震災による被災者のこと、そして自分の家族のこと、今後のことなど
いろいろと思い悩み、今まさに自分にできることは何か自問自答しながら
できることをしてきたつもりではありますが・・・



上手く説明できませんが
留まっていても何も進まないので
結論としては、兎に角ガンバロウ!
っていうことで
ブログを再開することに!
(#^.^#)


★ ★ ★ ★ ★





さて、では何を書こうかと考えた末に思いついたのは

今回の地震により一躍世界にその名を知らしめた

フクシマ

そんな福島県で公募していた写真コンテストの話でもいたしましょうか。

それは『第2回 ふくしま 星・月の風景 フォトコンテス』といいまして
場所は忘れましたが、どこかのプラネタリウムでチラシを見たのが始まりでした。

でもこのコンテスト、応募規定を見ると
あくまで福島県で撮影されたもの限定でして
改めてこれまで撮影したストックの中から撮りためたものを振り返ったら
ありました!
福島で撮ったものが!!

けれど場所が西吾妻山ということで
実にビミョーな位置なんですよね。
というのも丁度福島県と山形県の県境にある山で
ちょっと外れると福島県じゃなくなるんです~
 それで確実に福島県側になる場所のものをということで
チョイスしたのがコチラの写真~
応募したら見事入賞いたしました~

↓ ↓ ↓

星寂の樹氷原  
「星寂の樹氷原」

【講評】
この美しい樹氷まで歩いて行くだけでも大変ですが、なお
かつ厳しい寒さの中でよくぞ頑張って撮りました。
努力しようにも値します。
さらに、明るい月夜に星を撮るのは難しいものですが、
月光による樹氷の影と星の両方をきれいに写しています。
これは、ポジションの取り方や狙う方角などのしっかりとした計算が
なされてこそ可能になります。
月夜の雪原と星空の美しさを両立された力作です。
(鈴木一雄)

*しっかりとした計算・・・ってあるけど
実際は下山時にたまたま出会った場所なんですよね(^_^;)



今回、応募にあたり自宅のプリンターでは
募集要項の四切りサイズでの印刷はムリなため
写真屋さんに手焼きでお願いしました。

けれど手焼きって言っても
思ったような仕上がりが得られず
納得のいく仕上がりに至るまではたいへん苦戦しました。
家のプリンターだと星の一つ一つがリアルに再現されるのに
写真屋さんの業務用プリンター?だと小さな星が潰れてしまうもんだから
納得のいくまで何度も何度もお願いしちゃいました。

因みにそこの写真屋さんは小さいながらスタジオも兼ねておられて
撮影も担当されている方でして
今回、手焼きを担当したその方と少しお話したら
月刊『天文ガイド』のカメラマンとも知り合いということでした。



ま~ともあれいろいろありましたが
何とか仕上がった写真を送ってから
その後、結果の通知が来て
入賞したとのことでした。
当初、入賞の意味がよく分からず
入選と同じ意味だと解釈していたのですが
けれどよくよく調べたら最優秀賞が一人いて
その次にくるのが入賞者になるらしく
その中の4名に入っているらしく
後日、表彰式があるとのことでした。
でも、それだけのために郡山まで出向くは気はなかったし
丁度その日は別の予定があったので
残念ながら欠席しました。

その授賞式があったのは
あの震災があった6日前でした。





その後、あの震災があってからは
皆さんご存じのように
いろいろな出来事が生じ
このコンテストの写真展が開かれていた
郡山市ふれあい科学館も臨時休館。
しかし先週、再び通知が来まして
4/29から再開し5/31(火)まで開催されているようです。 

 

詳しくはコチラ
↓↓↓

◆第2回 ふくしま星・月の風景フォトコンテスト 作品展◆

《期間》
2011年3月5日(土)~5月31日(火)
※休館日を除く

《時間》
平日: 10:00~16:15
金曜: 10:00~19:45
土日祝: 10:00~17:45

《場所》
郡山市ふれあい科学館23階 宇宙劇場ホワイエ (無料)

《主な展示物》
福島県内で撮影された「星・月の風景写真」作品40点





興味のある方はどうぞお越しくださいませ~
もし行けない人は

作品写真集

作品写真集が出ているようなので
関心のある方はどうぞ~

価格は500円で販売中です。








人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村



| トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
☆ニューレンズで星景写真☆
2011 / 02 / 18 ( Fri )
先週の三連休、本当なら南東北へ遠征予定でしたが
生憎のお天気なため中止にしちゃいました。
そこで出かけたのはパシフィコ横浜で開催されていたCP+
よせばいいのに家族で行ったんですが・・・
中に入ったら昨年よりか人が多くて・・・
しかも大きなレンズ&カメラでモデル撮影に群がる人たちを見たママさん
完全に引きまくり・・・(^_^;)

ま~所詮、カメラって男たちの世界なんで
こんなところで撮影に夢中になっている群衆を見たら
フツーの人は驚きますよね~ ^_^;



*********




さて、話は変わりますが
それは前から気にはなっていたあるレンズのことです。


ニューレンズ 
シグマ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
最近、やっと入手しました!


でもこのレンズ、実はキヤノン仕様ではないんです。




 ニコン用
ニコン用です。

決して間違えたわけではないんですよね。

 


マウントアダプタ
EOS/NIT NT    このマウントアダプターがあれば
キヤノンのボディにニコンのレンズが使えちゃいます。

では、なぜわざわざニコン用を選んだかと言いますと


 
絞り
ニコン用にしかない↑絞りリングを使いたかった
ただ、それだけの理由なんですよね。



で、どうしてこれが必要なのか言いますと

以前からとっても参考にさせていただいてる
実験的星景写真のパイオニアの宮坂雅博氏の手法をマネしてみたかったからなんです。
 
詳細については月刊「星ナビ」2010年8月号の中で紹介されているんですが
その中で「露光中ピント絞り可変法」という撮影方法がありまして
実際に撮影された高山植物と星のコラボ写真がたいへん印象的なんです。
そこで自分もこんな写真を撮ってみたいと思いまして
とりあえず撮影に必要な機材(レンズ、マウントアダプタ、蓄光テープ等)は用意しまして
あとは実践するのみ!


さてこの時期、どこに行って試そうか~



すると閃きました(^O^)/

この季節に咲く花と言えば
ロウバイがありました!!


そこで 平日ではありましたが
仕事から帰ったとある日の晩
以前行ったことのある宝登山へ行ってみました。

当初、駐車場から歩いて山頂まで歩いて行くつもりでしたが
現地に到着すると
山頂に通ずる林道へ行ける感じだったので
そのまま車で行っちゃいました(^_^メ)


けれど林道といっても夜は暗くて
道は凸凹・・・


途中で引き返そうかとも思いましたが
何とかロープウェイ山頂駅近くまでたどり着きました~


車を降りて
ロウバイ園へ向かいますが
思ったほど咲いていない・・・

東園は、まだこれからといった感じでした。


そこで西園へ行ってみると
まあまあ咲いてる! 

そこですぐさまスタンバイ


 



三角 
初めての魚眼レンズ
どんな写りをするのか興味津津

ん~画角が広すぎて
余計な物まで写ってる!





 ろうばい 
構図がとっても難しいです。。。




 オリオンと 
LEDライトを点けてみましたが
加減がちょっと・・・







 光が・・ 
こちら光が強すぎ・・・





 雰囲気 
実は、もっと花に寄りたかったのですが
選定されているからでしょうか
花の位置が高くて
自分の三脚では届きませ~ん(T_T)



 難しい
ムリにカメラを近づけようとすると
三脚の安定感が失われ
  「露光中ピント絞り可変法」は見事失敗・・・

その後もカメラぶれを量産したのでした。。。



この手法をマスターするには
ちと経験を要するようです(@_@;)










人気ブログランキングへ 


にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村  
明日は、久しぶりに雪山へ
行けそうです(^^)/

 
| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
☆夜の那須岳☆
2010 / 10 / 30 ( Sat )
この週末は台風接近ということで雨・・・
ま~晴れても小学校の公開授業がある関係で
そちらに顔を出さないと行けません。
★ ★ ★
さて、あれは一週間前の話なんですが
 先日登った安達太良山の帰り、那須岳に立ち寄る予定でいました。
実は、そこで夜まで粘って星景写真でも~と考えていたのですが
あいにくお天気が悪く諦めた経緯がありました。
しかーし天気予報を見たら、その日の晩は晴れではないですか~!
それじゃ~行ってしまえということになり
仕事を終え帰宅してから準備して
そのまま徹夜で出かけたのでした~
ちょっと・・・
続きを読む
| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
☆0泊2日で天狗池☆ (後編)
2010 / 10 / 05 ( Tue )
先週末は、予報通りの悪天ではなく
思ったよりも好天に恵まれて
どこにも行かなかったことをチョッピリ後悔することになりました。。。(^_^;)
で、今度の連休なんですが、一応お出かけ予定ではありますが
ん~今のところイマイチな予報ですね~
ホタカ
続きを読む
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
☆深夜の八ヶ岳☆
2010 / 09 / 24 ( Fri )
二日前はあれほど暑かったのに
昨日、今日と涼しくて少し肌寒いくらいですね。
でも下の写真を撮っている時に比べたら
まだ暖かいですが・・・(^_^;)
月とともに
下界は熱帯夜続きだった9月上旬
阿弥陀岳山頂は気温10℃で体感的には
もっと低かった・・・
続きを読む
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
白馬大池・星空散歩(#^.^#)
2010 / 09 / 10 ( Fri )
熱帯夜つづきの毎日でしたが
昨晩は、久しぶりにクーラーなしで寝られました~(*^_^*)
そろそろ秋の虫の音が
涼しく感じられる季節ですね~
 でも明日は、暑いとか・・・(*_*;
俯瞰
続きを読む
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。